【W杯】日本 vs クロアチア

いけると思ったけど、残念・・・。
決勝トーナメントになるとお互い疲れが溜まってるなって感じさせる試合で、前半はクロアチアの方が疲労の影響大きそうに見えたけど後半以降は日本も似たりよったりに。


疲れが試合(戦術)に影響した部分は、まずボールホルダーへの寄せがあまりにルーズだったこと。
ブロックを作って守るのはいいんです。ですがスペイン戦でそれで守りきれたのはボールホルダーには一人当たりに行ってたからです。それこそ体を投げ出すくらいの勢いで。
今日はその点があまりにルーズで、時間的にも人数的にも余裕あっても寄せないので自分からピンチを作るケースが多かった。


もう一つは、GSでの日本の戦い方であった、後半のどこかにハイプレスをかけて勝負に出る時間帯を作る、それが発動しなかったこと。
前半でリードするという今までとは違う流れでやり方をどうするかは悩むところだったので、後半の入りでしなかったのはいいけど、同点に追いつかれたあとはどこかでするのかと思ったら今日はずっと動きがなかったです。


とはいえクロアチアもそうだった通り疲労はしかたないところで、元気な時と同じ戦いができないのは双方そういうものだと思うしかない。


PKに関しては時の運なので特に恨み節はありませんが、あそこまで止められるPK戦を初めて見た。
今回権田が大活躍してたのでPKも期待したけど、シューター側があれだけ外してたらどうにもならん・・・。


全体通して、現在の日本代表の能力と現在位置を考えれば、十分頑張っていい結果を残したと思います。
ベスト8に進めなければダメだとか優勝しろとかそんな現実を無視したことは言いません。


大会通じての個人のMVPは森保監督・・・ですが選手で言うなら権田。
毎試合安定してスーパープレーを繰り返してくれてたのは彼だったと思う。
あのPK献上は仕方ない面がありますし、それを踏まえると権田が何かミスして失点した、ピンチになったシーンは一つもなかったと思う。


日本代表、お疲れさまでした。