【アニメ】アニメいろいろ

アニメを見る時はよほどハマったものを除き、基本的に倍速で見てます。
chromeの動画再生速度を変えられるプラグインのやつ。
最初は1.5倍で見てましたが遅すぎて2倍がデフォに。それほど面白くない?アニメの場合はさらに早くすることもありますが、3倍まではギリギリセリフが聞き取れるっぽい。
つまらないから倍速で適当に見てるというわけではなく、テレビにしろつべの動画にしろ、基本的に等倍速は自分には遅すぎて退屈なんです。
自分の情報処理速度と動画の再生速度を同じにしたい、みたいな感じ?


アニメの好みですが、自分はストーリーがちゃんとあるのが好きです。
出てくる女の子が可愛いのは当然として、可愛いだけじゃダメで中身がないと楽しめない。
ようするにきらら系が好きじゃありません。

ここで言うきらら系とはきららの漫画が原作のアニメという第一義的な分類ではなく、女の子が可愛いだけでストーリーがなく中身のない話(多くの場合日常系)という総称的分類です。

くまみこ

先日の凪のあすからを紹介してくれた友人から逆の意味で紹介されて見たのがこれ。
ラストが酷すぎるので見ない方がいいと言われたので見ました(笑)
途中まではつまんないけどまあ主人公は可愛いし、くらいに楽しめてましたが、ラストはええええええと。
実際当時批判がすごかったらしいですが納得。


ちなみにこれが先程言った自分分類上のきらら系です。
友人の逆の意味の紹介でなければ多分見なかった。

チェーンソーマン

もっとネタ方向なのかと思ったらガチグロ方向だったので1話で切り。
関係ないですが原作者の藤本タツキ自体は注目してる漫画家です。

ガンスリンガーガール

リコリコが最初目指していたけどその道だとこの作品を超えられないので方向転換した、という逸話からの流れで見てみました。
うん、この方向は楽しくなかったと思う。
作品としては多分いい作品なんでしょうけど自分には合わなかったので途中で視聴終了。

とらドラ!

人生において最も何度も見た作品。
何度も見た、の定義がサブスクが一般的になった現在とレンタルDVD時代とでは意味合いが異なりますが、とらドラはレンタル時代に既に借りたことあるのにまた改めてお金払って借りて見る、を繰り返したアニメ。
「竜児は、私のだああああああああ!!」「殴り込みじゃあああああああ!!」「どうしたって、竜児のことが、好きなんだもん」、好き。

ヤマノススメ

ユウジンノススメ。
と言っても典型的きらら系っぽく、友人も自分がその手があんまり好みじゃないことを知ってるのであんまり勧められはしなかったんですが、友人が好きっぽいのでまあ見てみようと。
で、最初はやっぱきらら系だよ中身なさすぎって思ってましたが、富士山登山のあたりから面白く。
富士山登山に失敗した主人公が、結構登山に対してネガティブなことを言うのがよかったです。
あれが「大変だったけど達成した! 山って素晴らしい!」って話だったり、失敗はするけど「山ってこんな素敵なのに、悔しい!」って話だったら逆に切ってた。
山の素晴らしさをアピールするアニメなのに「なんで山なんか登るんだよ。辛いだけで楽しくねぇよ」的なことを言ったので逆に作品に興味が出ました。
ないと思っていたストーリーがここから出てきた感じ。


関係ないですが登山靴はあれほんとにすごいです。
作中4万円のを買ってますが、実際自分も3万円のを買いましたが、驚くほど快適。不思議なほど滑らないし足首の安定感がすごいしめちゃくちゃ(登山においては)歩きやすい。
靴だけでこんな違うんだってカルチャーショック受けました当時。
その後山に登ることも少なくなり登っても超簡単なハイキング程度しかしなくなったので、最初買った靴がソールがだめになったので1万円程度のやつを買い直しましたが、それ自体も1万円の靴の中では最も評判いいやつでしたが、それでも下り坂で足首の靴に当たる部分が痛くなる症状があったので、やっぱ1万円のと3万円のって値段相応の違いはちゃんとあるのねって実感。