【GTS】 アバルトワンメイク

やることいっぱいで忙しすぎてブログの更新が追いつかない・・・^^;
ET杯のアフターのことはまた時間作れた時に書きます。(これはこれで本戦に勝るとも劣らずに楽しかったし熱かった)



帰ってきました我が故郷富士。

昨日のET杯を持って、カタロニアは一旦終了となります。
部屋のコースは再び一旦富士に戻り、そしてまた次のET杯のコースが決定したらそのコースで部屋を開きます。



久しぶりに富士に戻ってきて、やはり初心者歓迎部屋としては富士の方が適しているし面白いなと再確認しました。
カタロニアはカタロニアで面白かったのですが、ある程度腕のある人同士でのフェアバトルが面白かったという方向で(多分その方向だと富士より面白い)、初心者歓迎部屋だとコーナー中心だけに強引になってしまう人も多く、ちょっと荒れやすかった。



実際、富士で再び部屋を開くと今まで少しご無沙汰だった人が「富士の部屋再開されたんですね」とまた来てくれたり、人の集まりや集まった人の残りやすさも違い、やはり参加者も富士の方をより楽しいと思っているんだなぁと感じました。



今日は最初は普通にレースしてたのですが、ある人がアバルトに乗ったのを見て「アバルトに乗る人がいる限り、私も乗らざるを得ない」と私が便乗、そこから芋づる式に連鎖していって最後には完全にアバルトワンメイクに。
総勢11名でのワンメイクレースになって、これ下手にET杯で頑張って人集めてるのと同じくらいの人数なんですが(笑)

ここまで本格的になったんなら、と予選もつけて、6Lapでのぷちイベントレースに。
結果はstrayさんを振り切って私が勝利できました。
富士でワンメで勝利できるとやっぱり嬉しいですね\(^o^)/



ちなみに少し中身をネタバレ?すると、4Lap目終わりの段階で少し後ろに差をつけて(と言っても1、2秒)私とstrayさんの2人が先行する形になっていたので、ホームストレートでスリップから後ろの私がstrayさんを押して、後ろに追いつかせない作戦をとってました。
二人で逃げようぜ、最後に二人だけで雌雄を決しようぜという無言の意思表示(笑)
実際あそこで私が下手にstrayさんのスリップから抜けて仕掛けにいってしまうと後ろの車にだけ漁夫の利を与える結果になってしまうので、自分が勝つための戦略として、あそこは抜かないで押すのが正しい(と判断)。


作戦通り、そうやって逃げたあと最終ラップの1コーナーで仕掛けて抜いた――のですがそこからがまた激熱。
1コーナーで一瞬前に出たもののコカコーラまでに並ばれてそこからサイドバイサイドの始まり、なんとコカコーラも、100Rも、ヘアピンも、シケインも、13コーナーも、プリウスも全部サイドバイサイドしながら走ってました。
別に並んで仲良く走ろうぜってしたわけではないのにお互い全力で前に出ようとした結果がそれ。
一周丸々サイドバイサイドは私の長い富士の歴史の中でも初めてかもしれません。
これ今度記念に動画にしようかなw
本当に熱く、そして楽しかったですd( ̄ー ̄



勝ったあとは勝ち逃げして観戦に回り、実況して遊んでました(笑)



とても楽しかった、久しぶりの富士での一日。