【GTS】 富士N300SSタイムアタック

富士F/N300SS/消耗なし/セッティングあり
オンラインルームでの計測。(GTはオンとオフで挙動が違いタイムが違います)

タイム 馬力 車重 PWR
996 1'53.5 298 1282 4.30
SFR RC 1'53.8 276 1311 4.75
XBOW 1'53.8 251 995 3.96
V8 1'54.3 318 1400 4.40
M4 1'54.3 302 1347 4.46
R32 1'54.7 298 1335 4.47
RX500 1'55.0 271 1054 3.89
カウンタック 1'55.0 300 1267 4.22
4C 1'55.0 265 1159 4.37
NSX 1'55.2 299 1303 4.36
R34 1'55.5 300 1419 4.73
A110'17 1'55.6 289 1301 4.50
RX7 FD 1'55.9 300 1320 4.40
R33 1'56.2 302 1416 4.69
86GRMN 1'56.7 299 1220 4.08
MR2 1'56.9 299 1358 4.54
シビック 1'57.0 301 1324 4.39
SFR 1'57.2 271 1081 3.98
メガーヌ 1'57.2 273 1248 4.57
フェアレディZ 1'57.4 299 1419 4.75
86 1'57.4 299 1230 4.11
BRZ(ABSなし) 1'57.7 299 1230 4.11
TTS 1'57.8 260 1440 5.53
クリオ 1'58.0 301 1344 4.46
ロードスター 1'58.1 281 1178 4.19
スープラRZ 1'58.1 300 1494 4.98
ジェネシス 1'58.1 292 1494 5.11
RX7 FC 1'58.1 301 1387 4.61
F150 1'58.1 346 1906 5.50
A110'72 1'58.1 251 922 3.67
WRX 1'58.4 291 1639 5.63
ミト 1'59.1 294 1339 4.55
XNR 1'59.5 299 1305 4.36
アバルト 1'59.5 270 1148 4.25
チャレンジャー 1'59.7 314 1465 4.67

今回はちょっと特殊なアタックで、BRZでABSをなしにした場合にどうなるかのタイムアタック。主にフレンドとの競争用です。
一つ上の86とのタイム差がABSの有無による差のようなものです。


とりあえずABSありとの差は+0.3s。
ただ、一通り成功させれば-0.2sはいけそう。
ですが、だから実質+0.1sということではなく、ABSなしの難しさはその不安定性であると言えます。
一周丸々成功させてまとめることが難しい。よってちょいミスがどこかには出てしまうタイムが、「正式なタイム」。


ABSなしで難しいのは1コーナーやシケインのフルブレーキング!――ではないんですね。
一番難しいのが少しだけブレーキを掛けながら曲がっていく場面で、具体的にはコカコーラ。
ここが本当に難しい。ここは勢いで飛び込む系のコーナーであるため、車の反応を確かめながら調整することができません。
つまりABSなしのブレーキングによる「今回の制動量」の確認をしての操作ができないので信じて飛び込むしかない。
結果、制動量が多少でも違うと即ロスに繋がる。


あとまっすぐ止まるのはいいんですが、問題が横Gが残ってたり、かけたりする状態での制動。
具体的には100R後のヘアピン。
ここはABSありとなしの差が技術で埋められないレベルに出ると思います。(どんなにABSなしブレーキングが上手くても四輪独立制動はできない)


結果としてABSカットによるタイム低下はこのようになりました。


が。


じゃあレースで-0.3s/Lapのディスアドバンテージかというとそうではありません。
このベストラップもしくはそれに近いタイムを出す難易度が段違いです。
そのため、このタイムは全く安定的には出ません。
なので、レーストータルで見るともっと多大なディスアドバンテージを受けることになります。
ABSなしで戦ってるフレはホント大変だ・・・。