【サッカー】 日本 vs ウルグアイ

本気のウルグアイ相手にこの結果、そしてこの内容は本物。
素晴らしい勝利でした。新生日本強いじゃん!



新しい選手も、ベテラン選手もみんないい仕事をしてました。
東口は実質2点を防いでくれました。派手な点の取り合いで攻撃の選手が注目されやすい中、彼の働きもよかった。


吉田、長友のDFベテラン陣に関しては本当に安心感があります。
そして攻撃参加の面において、はやり長友は他の選手に対し頭一つ抜けてるなと。
ただ上がるからいい、ということではなくタイミングがいい。動きが凄く効果的。
(ただ、彼は4年後はかなり厳しい年齢なので、彼が素晴らしいからこそ新たなSBの発掘が待たれます)


堂安に関して、小柄な選手なので足元の技術に目が行きがちな中、結構フィジカルで負けない所がいいです。
同じく小柄な選手として中島の方は、接近戦において相手をかわす技術に優れます。
一方堂安は接近戦でかわすというより純粋に押し勝ってボールを失わない力がある。
タイプとして昔の本田に近いところがあります。
そして本田と違いちゃんと足元の技術もあってかわすこともできるので、この両面性は彼の大きなストロングポイント。



一つ気になったのが大迫。
あの決定的過ぎるあとは決めるだけのボールをホームランしてしまったシーン。
あれ単体でホームランしてしまったからダメ、ミスしたからダメということではありません。


かつて香川は全盛期に輝いていた頃から、徐々にパフォーマンスを落としていきました。
結果が出てないだけで内容は悪くないから、プレーは悪くないから、今回は調子が出なかっただけだからと言われつつ長年ずっと好パフォーマンスから遠ざかり、フィニッシュプレーで精度を欠き続けて最後の方は解説が素で「今のを外すのか」と言ってしまうほどの低迷をしていました。
ロシアワールドカップにはスタメン起用されましたが、あれはあの時期トップ下ができる選手が他にいなかったという消去法的な意味合いで選ばれた面が強く、積極的に彼が選ばれたわけではない状況でした。
そして今、そのまま日本代表から消えつつあります。


大迫がこの状態に足を踏み入れつつある。


今日のホームランと、もう一つわりと決定機に外してしまったシーンなどを見て、自分には大迫に香川がオーバーラップしてしまいました。


とはいえ、このポジションも現在のベストは大迫であり代えの選手が見つかっていないポジション。
ここも発掘が待たれます。