【GTS】 富士

アプデで富士が来たので久しぶりにGTを起動して走ってみました。

写真では記念撮影のため458ですが、実際に乗ったのはNSX(笑)


最初はともかく感覚が思い出せなくて、自分が走りたいラインで走ること自体が難しい感じでしたが、徐々に慣れて「あー富士ってこういうコースだったよ」と懐かしさも感じながらの走行。
しかしやはり難しい。
プリウスは非常にマニアックかつ難易度の高い(≒リスクの高い)走らせ方をしていたのですが、それがなかなか実現できない。というか怖くてできない(笑)



走ってみた感触としては、GT6での富士とは違うなと。
GT6でこう走ると速いという富士の走り方(車の走らせ方ではありません。GT5/6でかなりたくさんの種類の車を富士で走らせた身として、車自体の挙動差とコースの挙動特性の区別は付きます)が成立せず、違う方法で走らなければいけない箇所があります。


特に顕著なのが100R。100Rはどこでどう一瞬微妙に挙動が変わって、という細かなことも踏まえた上での走らせ方をしていましたが、その挙動はなくなりました。
100Rは全く違う方法論で走らないとだめっぽい。


あとシケインも、これはGTSでの挙動と密接に関係していますが、過去よりかなり丁寧気味に走らないといけなさそう。


まあ所詮デフォセッテのNSXで30周程度走っただけなので確実なことは言えませんが、昔は富士専門家だった私ですが、そのアドバンテージはGTSではなしになりそうな感じです。