【サッカー】 W杯 ブラジル vs ベルギー

ブラジル、負けちゃったかー・・・。



今大会、非常に楽しみにしていたこのカード、攻撃極振りのベルギーと、攻撃力は十分にありながらも守備の堅さが売りのブラジル。
基本的にはクリーンシートにはならず点の取り合いになると予想していましたが、ブラジルが撃ち負けましたか・・・。
ただ、中身を見るに、ベルギーの方が上に上がっていくにふさわしいサッカーはしていたと思います。



お互い決定力はあるし、お互い個で打開することができるし、お互いドリブラーもいる、そんな中でその個人スペックをチームにおけるプラスにまで持ち上げていた、ただでさえ2と2の個を2+2=5にまで昇華していたのはベルギーの方だったと思います。
ベルギーの攻撃は、流動性を作って動きの中で効率的にスペースを作り、フリーを作り、ただ個で勝負するのではなく、自分に有利な状況自体を上手く作った上でそこで勝負する形になっています。
しかしブラジルは連携面において動きが少なすぎる。
なまじ個の打開力があるせいで、個で強引に突破しようとする場面が多く、自分に有利な状況を作れていない。
いやそこは無理だろってところに突っかけていって案の定引っかかる。
動かない前線、足元にばかり要求するパス。


どちらが魅力的なサッカーであり、どちらが完成度が高いサッカーであり、そしてどちらが勝てるサッカーかと言えば一目瞭然です。


選手全体での合計スペックにおいては、ブラジルの方が勝ると思います。
実際、そのため、後半はかなり多くの時間においてブラジルが一方的に攻めるような展開になりました。
にもかかわらず、点が取れない。
それは運が悪かったとか惜しいシーンはあったとかそういうのではなく、取れないべくして取れないブラジルの攻撃の形。その結果。



その戦術面以外にも、今日のブラジルはどうにも一つ一つのプレーの精度が低いように感じました。
簡単なパスがいちいちズレる。簡単なトラップが足元に収まらずに大きく跳ねて取られたり、取られないまでも時間を大きくロスして機会を失う。



今日の試合はたくさんのドリブラーがいました。
ネイマールドウグラス・コスタ、アザール
この中でそのドリブル能力をチームへの貢献として最も発揮していたのはアザールでしょう。
ネイマールは、そこで仕掛けてもし突破できたとしても結局戻すことになるよねという「無駄な」ドリブルでの仕掛けが多く見られました。
ドウグラス・コスタは比較的効いていましたが、あくまで突破するためのドリブル。
しかしアザールは、ボールをキープするためのドリブル、敵をひきつけて他の人のチャンスを作るためのドリブルになっていました。



ここまで見てきて、ベルギーのサッカーが非常に魅力的なサッカーに思えてきたので、このままベルギーを応援していきます。
フランス、ベルギー、クロアチア、中身が良いサッカーをしているのはこの3チーム。