【サッカー】 W杯 日本 vs ベルギー

本当に素晴らしい戦いでした。
強敵に真っ向からぶつかり、日本の戦いを示してくれ、そしてあわやという善戦をした。
よくやってくれました。
結果にも内容にも大満足です。(負けたのに結果に大満足かと言われるかもしれませんが、自分は満足できる結果でした)



ベルギーという攻撃極振りなチームとの試合は簡単にはクリーンシートなどできず、また簡単には例えリードしても勝ち切らせてもらえないだろうと思いましたが、やはりというか、ベルギーの強さ、世界との差を見せられました。
しかしそれでも怖がって後ろに引きまくったりせず、前から「戦って」くれた。
日本は強いチームとの戦いでは腰が引ける面もずっとあったので、ここに大きな成長を見ました。



そしてずっと決定力不足と言われた日本、その日本がコロンビア戦で2点取り、セネガル戦で2点取り、そしてベルギー戦でも2点を取ったことは非常に大きな意義があります。
もちろん乾や原口のシュートが、これが毎回できるというわけではありません。
しかしただ運良く入ったとか、ラッキーなことにこぼれてきたとかではなく、敵も十分守って真っ向勝負になってる局面から力で押し込んだゴールです。
日本にこれができる選手が、ワールドと戦うという試合レベルにおいてもいるということが大きなこと。



そしてそういう個人云々だけでなく、チームとして得たものも大きいです。
今回の試合、負けましたが、1点差で負けましたが、0-1ではなく2-3なのです。
つまり日本は「弱者なのでひたすらベタ引きするしかない」ではなく「自分たちのやりたいサッカーでチャレンジングに戦って、点を取りに行くサッカーをして、それでも戦えた」ということが大きい。
これは今後日本サッカーがどういう方向性で突き進んでいくべきかを示してくれました。


戦っていいんです。攻めていいんです。



今の日本のサッカーが攻撃スタイルかと言われると、それはちょっと間違っています。
正確に言うと、前からプレスを掛け、最終局面ではなくボールの出しどころの部分で対応していく「前からの守備」スタイルです。
そこにショートカウンターをセットにしますが、基本は守るための手段がベースにある。


これは日本という国の事情にあった手法です。
日本は体格面、フィジカル面においてどうしても海外の選手に劣ります。
その日本が、中だけ固めて、上がってきたボールに対応するようなスタイルを取るのは非常に厳しい。
実際、今回のベルギー戦においても「ルカクに上げられてから、そのルカクとの競り合いで止めるのは不可能」なので「ボールの出しどころの部分に寄せていってそこで止める」というスタンスを、代表は戦前から示していました。
これは正解だと思います。

今回2点リードしたことで、ベタ引きして2点を守ればよかったじゃないかと思う人もいるかも知れませんが、ベルギー相手にベタ引きをするのは余計に失点リスクを高める戦術です。
だから、2点のリードを守り切るためにも、ああして前から行く戦術を続けていく必要があった。
あの日本の戦い方は間違ってなかったのです。

この、あくまで現実的に「守備をまずは重視」しながらも、決してベタ引きではなく攻撃も視野に入れた戦い方ができる、それが今後日本が突き詰めていくサッカーになるでしょう。
2010年のベスト16の時は日本がどうしたらいいか分からず、ともかく引け、ともかく守れ、それで祈れ、という非常に消極的なスタイルでした。
2014年の時は自分たちのスタイルを模索しながらも、それが世界と戦えるものではないということを理解させられた大会でした。
そして2018年の今回、やっと一つの指針を手に入れたのです。



日本代表が、4年後に向けて前進していける、その手応えをはっきりと得られたのが今回の大成果でした。
本当に、日本代表が出してくれた「結果」には大満足しています。よくやった、ニッポン!


選手の入れ替え

さて、今後に向けてですが、かなり高齢化が進む現代表を、これから若返りさせていかなければいけないと思います。
現時点で代表引退(少なくとも次のW杯には出ない)を示唆しているのは

です。
長友、岡崎は逆に、挑んでみて、もしできるなら4年後でもやる、というスタンスのようです。
ただし、現時点で代えの利かないスタメンである長友に対し、現時点でも出番のない岡崎が4年後に必要選手になってる姿は想像できないので、岡崎も外れていくでしょう。
それ以外に、年齢的にもう外れていくだろうと思われるのが川島。
香川は本人も次に挑むかどうかは現時点では分からないとコメントしており、どうなるのか微妙です。
大迫に関しては年齢的にはまだ行けそうではありますが、現在のプレイスタイルがかなりフィジカルを必要とするもので年齢の影響を大きく受けるので、4年後に今より上回ったパフォーマンスを示せるのかどうかよく分かりません。


そうなると誰が代わりに入ってくるのか。
まず、すぐに思い浮かぶのは井手口、中島、久保(裕也)の代表経験トリオです。
井手口は長谷部の、中島は乾の抜けた穴にちょうど入り込めるのでポスト的にも代表に入ってきそう。
自分はあまり見たことがないので評価不明ですが、堂安も有望らしいとのこと。
逆に、今回のサポートメンバーにも招集された浅野に関しては、厳しいと思っています。
浅野は足が速いという一芸だけで代表に採用されていた面があり、その足元の技術や決定力はとても代表レベルと言えるものではありません。
浅野の足の速さが一芸として代表に必要になったのには、ベタ引きしてカウンターでポーンと蹴って走ってもらう、それしか反撃の手段がない、という戦術的判断が大きく関わっています。
しかし、上で散々書いたとおり、今後進んでいく代表のサッカースタイルは、それとは違うものになっていきそうです。
そのため、浅野は代表内での「存在価値」をなくしていくことが予想されます。

ポジション

となると、現段階での有力なポジションラインナップは
1:大迫(武藤)
3:左から、原口、香川?、久保、(中島、宇佐美)
2:柴崎、山口、(井手口、大島)
4:左から、???、昌子、吉田、酒井宏樹
G:中村
になるのでしょうか?


3、に関しては、今現在は原口が右に行っていますが、本来右利きの選手は左に配置しないとシュートを狙いにくいという事情があります。
今回原口ではなく乾が攻撃面で目立ったことには、その美味しい左というポジションを乾の方がもらえたということも大きいです。
で、序列的には乾抜けたあとは最高位になると思われる原口に、本来の左のポジションを担わせるのか。
しかし、中島、宇佐美もやはり左が本職の選手なので、経験者として原口が再び右に行くのか。
右の経験者としては久保もいるので、それとの兼ね合いもありそうで、ここは読めません。
(理想を言えば中島がトップ下タイプの選手になっていってくれると嬉しいのですが・・・)


4に関しては現状代えが聞かない選手が多いのでこれからの発掘が必要になってきそうです。
特に問題なのが左SBで、長友が偉大すぎた代償としてそれ以外の有力選手が若手にもいません。
CBに関しても、吉田が年齢的に4年後もやれるのかが微妙なところ。
もしだめなら槙野も年齢的にだめなので、昌子のパートナーとなる選手を育てていかないといけません。
今現在だと植田が候補に上がっていますが、植田は現状、今後の若手のトップ有望株枠というほどのパフォーマンスは出せていないのでそこは他の若手とフラットと思われるところ。


GKに関しては、GKは経験が重要なポジションであり、長期に渡り同じ選手が使われ続ける傾向にあります。
そのため、だからこそ若い人に代えたい。
今東口に代えても、またすぐに代えることになります。ならば経験値をたくさん稼いでいける若手にこのタイミングで代えるのがいい。
その意味で中村です。