【サッカー】 W杯 日本 vs セネガル

勝ち点1を取ったことは立派な成果。
勝てる可能性は十分にあった試合でしたし勝ちたかったですが、ワールドカップはそんなに都合いいものじゃないし、日本は勝って当然という位置づけでもない。
悔しい気持ちはありますが、日本代表が出した引き分けという成果は批判されるべきものではなく称賛されるべきものでしょう。



ワールドカップにおいて日本があれだけちゃんと自分たちの攻撃の形を作れるのは非常に珍しいというか、ちょっと予想外なところがありましたが、今回は前回のコロンビア戦と違い開始早々の退場で数的優位になったなどの「神風」なしでの結果であり、日本もここまでやれるんだなと。
今日は内容にも十分に満足できる試合でした。



選手に関して、今大会で最も活躍しているのは間違いなく柴崎だと思います。
代表メンバー入り、特にスタメンに入るのが本当に直前までなかったですが、それがなぜだろうと今となっては思うほどのハイパフォーマンス。
明らかに違いがあるので、今大会でも、そして今後でも日本の中心選手になっていって欲しい。



同じく活躍しているのが乾。
彼に関してはラッキーボーイ的な部分もあるのですが、それは日本に必要なものなので、外すシーンもあるのはあるので全てにおいてハイパフォーマンスとは言いませんが、それでも今の日本にとっては大きな存在です。



逆に気になるのが川島です。
あのシーンでパンチングに行くという判断はいいと思いますし、また川島も下にパンチングしようとしたわけではもちろんないと思いますが、だからこそミスなわけで、コロンビア戦のFKといい、「これは川島のミスと言われても仕方ないのでは?」というプレーが散見されます。
本来本大会に入ってから正GKを代えるという選択は基本的にないのですが、それを押しても代えたくなる川島のパフォーマンス。