フィッシング詐欺

年次訪問者調査なるものが表示されました。

これそのものは見たまんまフィッシング詐欺で特にそれはどうということはない(さっさと閉じて斬り捨てるだけ)のですが、驚いたのはこれが表示される仕組み。
怪しいサイトを開いたとか、webで検索したらそういうサイトに行ってしまったとかではなく、これが表示されたのはサッカーダイジェストのホームページを開いた時です。
当然サッカーダイジェストのサイトがハッキングされたとかではないので、任意のURLにアクセスした時に、何故か別のURLに飛ばされるという動作が技術的に驚きました。どうやったらそれが実現できるのでしょう。
PCやブラウザそのものがウィルスに汚染された場合はありえますが、セキュリティソフトも入っているし表示された後チェックしても何もなかったのでそれはなし。
となると本来技術的に起こりえない動きです。


ネットで調べると、これは数年前からある有名なフィッシング詐欺らしく、そしてこれが実現される技術的な仕組みは未だ不明だそうです。
ブラウザの開発会社およびセキュリティソフト開発会社よ、それでいいのか・・・。