【サッカー】 日本 vs パラグアイ

なにはともあれ、ずっと敗戦が続いて選手もサポーターも下を向く状況の中、いい流れで大会に臨むためにともかく勝利が欲しかったのでその意味では良かったです。



今日乾が2点を決めました。
別にこれで乾がスーパーなパフォーマンスの選手ということはないですが、今の日本の状況では自分たちの力を出せればGLで勝てるわけではなく、ラッキーボーイが必要な状況なので、その意味として乾が候補として上がってくれたことはプラスです。
本戦で「実力以上に当たる選手」になってほしい。



香川に関しては、今日は良かった。良かったんです。
トップ下という仕事において、ポジショニングや動き、周りを使う部分で上手く役割を果たしていました。
本田と香川のトップ下比較において、今は香川の方が消去法ではありますがトップ下としては適任だと思いました。


が、香川の話をする際にずっと言い続けていることですが、ラストプレーの精度がともかく低い。
シュートだったり、ラストパスだったり、これでも失敗するのかというくらい信じられないほど大きくミスをする。
今日の明らかな決定機、しかもそれほど難しくない状況から枠にすら飛ばせないパフォーマンスに、解説が素で「これを外すのか」と言ったのは心からの言葉でしょうし同時にサポーターみんなが思った感想でしょう。
最後の最後に1ゴール決めたので印象が消えやすいかもしれませんが、今日の香川、いえ今日も香川はここが酷かった。



最後に。
大会直前の試合でまだメンバーを固定できずにシステム、連携の熟練もせず選手選考をしている今の状況はありえないです。
西野ジャパンになってからまだ3試合目、時間がないから仕方ない、ではなく、その状況を作った事自体が協会の選択。
協会は勝つ確率を上げるために交代に踏み切ったといいますが、大会直前の試合をメンバー選考のために使わざるを得ない(これは監督のせいではなく、そういう状況を作った協会のせいです)今の状況が本当に勝つ確率が上がったのでしょうか。