【サッカー】 日本 vs ガーナ

負けたし負けるに値する試合でしたが、収穫はある試合でした。
日本代表が急造の中前進していくにはちゃんとプラスを得られた試合。


最も心配していたのは急造チームゆえチームとして全く機能しないことでしたが、色々システムを変えて試す中、それぞれのシステムで自分たちのやりたいことはちゃんと出せていました。
一番メインでやった3-4-2-1は、Jリーグで流行ったシステム(サンフレも採用し優勝につながったシステム)でしたが、中盤で中が厚いことが特徴です。
それゆえ、従来の4-3-3の場合はサイドがかなりワイドに開き、ライン際で主に勝負していたのが、中で勝負する形が増えた。
これは日本にとっては良い面も悪い面もあるなと思ったのですが、悪い面としては狭いところでの足元での勝負になると劣勢である日本がそういう勝負に自ら持ち込んでしまうこと。
細かいパスでつなぐという点においては日本の長所が出る良い面なのですが、問題は相手から寄せられた時、局面において1対1になるシーンで基本的に押し込まれるので、それがその後の連携において後手後手に回らされる原因になる。


前線の連携という意味では、もっと動いてもらう形を作らないといけない。
今言ったとおり、シャドーシステムでは前線の中が厚くなるのですが、これは言い換えるとそこが渋滞する。
その場合に、ただポジションにいてボールが来るのを待つようなプレーが多く見られました。
ワントップならともかく、ワントップ+シャドーが全員ペナルティエリア内にたむろする形になってはそこが渋滞し守りやすい形を作るだけでパスの出しどころもないので、ただ棒立ちするとスペースがないような状況では動いてそれを作っていきたい。
特にシャドーに入った選手の中で香川はそれを求められる選手だと思うけど、今日は中で足を止めて待ってるシーンが多かったです。


守備に関しては結構良かったのではないかと思います。
問題点がない、パーフェクトというわけではありませんが、大きく崩されたシーンがないことはプラスポイントでした。
ミス自体はありその意味で危なくなるシーンはありましたが、システムとして崩壊しているわけではないことが重要で、ここは今後ブラッシュアップしていけばもっと良くなっていくと思う。


個々の選手で見ると、WB原口、シャドー宇佐美というのは選手のパフォーマンスが生きるなと思いました。
原口、乾、宇佐美は旧体制の頃は同じ左SHを争う誰かしか使えないという関係でしたが、ここの違いを見た際、原口は上下運動での運動量が長所。宇佐美は狭い局面での足元の技術が長所。その格長所を活かす場合の選択として、WB原口、シャドー宇佐美は正解だったと思う。ここは上手く選手を活用できているなと思ったところ。



CFに関してはポストプレーの大迫に対し、デュエルの武藤という印象でした。
武藤は球際での体のぶつけ合い、足の伸ばしあいいおいてかなり積極的かつ強く行ける選手で、そこの特徴はよく出ていました。
CFの序列に関しては1大迫、2武藤、3岡崎となると思います。今日の結果からは。
浅野が特殊任務用の特別カードであることを加味すると、おそらく落選するのは岡崎でしょう。


同じくMFで落選しそうなのは残念ながら香川。今日もラストプレーの精度の低さが露呈してしまっていました。
ところで追加招集がありうると言われていた久保はどうなるのでしょうか?


DFに関しては、やはり吉田が安心して見ていられます。
相手への寄せ方、体の入れ方が上手いので、デュエルで頼りになる。


W杯の予想としては依然として3戦全敗となりますが、日本サッカーがガタ崩れする恐れもあった現況、その中でガタ崩れはせずに一応日本のサッカーを見ること自体はできそうという意味で、希望は持てる今日の試合でした。