【将棋】 叡王戦

これは金井辛い・・・。
どちらにも勝ってほしいという思いから今日はどちらかと言うと金井応援側で見てましたが、この将棋でも勝てないのは本当に辛い。
どんなに優勢にしても、必ず終盤でひっくり返ってしまう。



金井の弱点は、真面目すぎるゆえに勝負術的な面が弱いところでしょう。
純粋な終盤力で劣っている以上に、そのせいが強い。
具体的には時間の使い方に問題がある。勝負師タイプの高見は意図的に時間を使わず指すことも(それにより最善手を指せなかったり読みきれないまま指すことになったりしたとしても)それにより勝率が上がるなら行います。
しかし金井は真面目に、この局面でちゃんと読み切れば勝てる!と時間を湯水のように使ってしまう。
しかし、高見が終盤に自分の予想にない(そして検討室の予想にもない)勝負手を放ってくることはこの番勝負でもよく分かったことでしょう。
勝負手というのは必ずしも最善手ではないので、「読み切る」過程においては切り捨てられる(視野にも入れない)手の場合が多いです。純粋に将棋の棋理を追求すると対象外になってしまう手。
しかしそれを放たれると時間の残ってない金井が対応できない。
それで逆転を多く生んでしまっている気がします。



あの所作に非常に気を使う金井が頭を抱えたシーン、金井の心情が痛いほど伝わってきました。
そしてこの精神的に荒れてもおかしくない将棋の直後のインタビュー、そこで「三連敗となったが次戦は〜」という質問に対して金井の言った言葉、「こういう場合の振る舞いに棋士の個性が表れると思うので」という発言、表向きは勝敗に関して次の対局の将棋は〜ということですが、実際はこんな敗戦のあとでもちゃんといつもどおり自分を律し、毅然と振る舞うことを自分に求める意志が込められていて・・・。
感想戦では、いつもどおり率先してハキハキと話す金井の姿が印象的でした。



本当に、この叡王戦では金井が好きになりました。
別に高見が嫌いなわけではないので最終的なタイトルはどちらが取っても嬉しいですが、なんとか次戦、次々戦くらいは金井にも勝利をしてほしい。