戦場のヴァルキュリア4

戦場のヴァルキュリア4  - PS4
このところずっと戦場のヴァルキュリア4をやってました。
初代のファンから、2以降のあまりに変わってしまった方向性に敬遠し、4で久しぶりに初代の風味が戻ったということでプレイ。


結果、面白いです。まさに初代のあの楽しさ。
やっぱり戦術性があってのヴァルキュリアであり、そのためには広いマップは必要で(広くないと索敵とか狙撃とかの意味が薄い)、そのためには据え置き機である必要があるのです。


難易度に関してはSランクの条件が緩和されたという意味では簡単になってますが、マップの規模とシステムに関してはむしろより戦術性が高くなった印象です。


兵科に関しても、パワープレーな兵科が整理されてちゃんとじゃんけん的な組み合わせに戻ったのがいいです。
やっぱり戦車は裏取りを込みでの存在であってほしく、対戦車狙撃兵はかなり「ズルい」兵科だったのでなくなってくれてよかったです。
同じく剣甲兵も強引で嫌いでした。


新兵科の擲弾兵に関しては非常に良かった。
擲弾兵の本当の意味は、偵察することの意味、索敵されないことの重要性を仕組みとして持たせたことです。
従来、偵察する場合、偵察兵が突出して偵察しても後ろがついてこれないため偵察兵でそのまま攻撃するしかなく、逆に言うと偵察兵で戦いを挑めない相手の場合偵察だけしても意味がないので偵察兵を突出してもしょうがなく、結果あまり「偵察」という仕事を有効活用できていませんでした。
が、今は偵察兵は見つけるのが仕事、見つけさえすれば後方から擲弾兵が攻撃してくれる、というそれぞれの役割分担ができているので戦術的に非常に楽しい。
また、敵擲弾兵からの迎撃(攻撃)の存在により、「敵に見つかってない状態で行動すること(行動終了すること)」が非常に重要になっています。
ただ、倒す、倒されるだけでなく、見つかる、見つからないをシステム的に重要要素に組み込んできたのがGJ。


ただ、装甲車によるゴリ押しができる点だけはマイナス。
迎撃されたり、相手ターンになった時に攻撃されたりすることも大きな戦術要素だったヴァルキュリアですが、装甲車に積んで運び、攻撃したらまた積めばそこを全く無効化できるのでかなり強引なプレーができてしまう。
打たれ弱いユニットだろうが関係なく最前線、敵のど真ん中に出せるので土のうや物陰、芝生などの有利な地形を得る意味が薄れ、そして突撃兵の使いみちがほとんどなくなりました。
移動の問題があり、確かに1では足の遅いユニットが後ろにおいていかれて足手まといになっていましたが、これの解決には直接指揮の方を広げることで対応したほうがよく思いました。
各リーダーは1人につき1ターンで1回まで直接指揮できる、とかにしてはどうでしょうか? ただし一度指揮を受けたユニットは他の指揮は受けられない、とかで。



キャラに関しては初代よりちょっと弱いかも?
アリシアイサラに対抗するにはカイはともかくレイリィはちょっと弱かった。
あと非メインキャラの中に可愛い娘が少ない(笑)
萌え萌えキャラばかりを並べないのは意図してのことでしょうが、初代でイーディが人気があったとおり、ああいうタイプの「典型的美少女キャラ」もある程度欲しかったのですが、各兵科において使うキャラがいない状態です。(特に対戦車兵はおばs年配の方しかいない)


ストーリー的には、この手の二次元的ゲームにあまりいい出来のストーリーを求めない方なので、楽しめました。
比較すると初代の方が良かったですし、4はシチュエーション重視でパーツパーツを寄せ集めた(≠組み合わせた)感じのものでしたが、深く考えると穴だらけではあるもののまあ楽しめた。



ともかくとても面白かったので、そのまま勢いで初代のリマスターにも手を出して遊んでます。