【サッカー】 J1リーグ 広島 vs 横浜

一年半ぶりにサンフレの試合を見ました。
連戦の関係で今日はフルメンバーではないようで、そこはちょっと残念でしたが、今日見たかったのは新しい広島のサッカーがどんなものか、そして個人としてはティーラシン。



城福サンフレに関しては、今日のが最終型、決定型ではないと前置きした上で、新しい戦い方が見て取れました。
違うと思った点は、前線からのプレスのかけ方、および寄せる時の強度。
以前のサンフレは典型的リトリート型で、ともかく引き、陣形を構えた上で相手が攻めてくるのに対応する形でしたが、今は前から積極的にプレスを掛け、囲いに行ってます。
また、特に中盤「より前」の範囲内で、相手に寄せる時の寄せ方がかなり強いところまで寄せている。
分かりやすく言うとデュエルしてる。
これによりボールを奪うシーンも多く、有効に機能していましたし、何より見てて楽しい、応援しがいがあるスタイルです。積極的に戦うチームにこそ、ファンはついてくる。(例え勝てなくとも)



攻撃面においては、以前のサンフレと言えばサイド攻撃でしたが、今は縦に早く送るスタイル、前線のターゲットに当てるスタイルがよく見れました。
逆に言うとパス回しで相手を崩していくような形はほとんど見れませんでしたが、ここはこれからなのか、チーム事情によるものなのか。


また、パス回しにおいて、以前のサンフレは足を止めてのパス回しが多かったですが、今は(まだまだそういうのも多いのは多いですが)動きながらのパス回しをしようという意思が見える。



個人として注目していたティーラシンですが、感想としては「今一つ」という印象でした。
テクニックはあります。しかしそのテクニックがチームとしての有効活用にまで消化されていない。


ティーラシンで気になったのが、ポストプレーです。ここが彼はかなり下手。
ティーラシンのポストプレーは、受けたボールをそのまま自分が抜け出して一気にゴールまで運ぶ場合のそれになっています。そういう意図での体の入れ方、動きをしている。
ですが、ポストプレーというのはそれでそうそう上手くいくものではありません。


サンフレのチーム事情(戦術)自体もそうですが、どちらかというとCFのポストプレーに求められるのは、しっかりとボールをマイボールにし、落として二列目以降につなげる動きです。
特に守備的に戦いカウンターを狙うチームにおいてはこれは重要。
カウンターと言えばむしろDFを置き去りにして一気に抜け出す戦い方、に見えますが(かつての佐藤寿人パターン)、それは相手DFと競るのではなく完全に抜け出してフリーで貰う場合に言えることで、DFと体をぶつけ合いながらポストプレーをしている状況はそもそもその状況が抜け出しを狙うものではありません。


ここがティーラシンのポストプレーのスタイルとチームに必要なそれが合ってないところ。


逆に合ってるのがパトリックで、なので今の広島にとってより必要な選手は彼になるでしょう。