【将棋】 りゅうおうのおしごと!

りゅうおうのおしごと! (GA文庫)
これを読んでます。と言うかハマってます。


ラノベは読むし将棋も大好きな私ですが、ずっとこの作品の存在を知りませんでした。
が、将棋のニコ生を見てる時に今度アニメ化されるということで話題にあがっていて、そんなんあるのかと調べてみた所かなり評価も高いラノベのようで、試しに1巻を読んでみたら・・・どっぷりと浸かってしまいました。



将棋に詳しくない人でも楽しめるような作り(あまり具体的な手順や局面を示すのではなく、あくまでイメージで描写しているのがうまい)にはなっていますが、将棋ファンとして読むと、これはすごく将棋世界を深く濃く、リアルに描いた作品でした。
将棋の子 (講談社文庫)
将棋関連の書籍において、最も将棋界を克明に描いているのは大崎善生の『将棋の子』ですが(『聖の青春』の人です。が、こと将棋界のリアルを描くという意味では聖の青春よりこっちがオススメ)、二番目に来るのはラノベという分野でありながらもこの作品でしょう。
そのくらい、将棋を題材にした青少年たちの物語、ではなく、将棋世界自体を描いた作品になってる。
決してお固くなくラノベらしい読みやすさ、感情移入しやすさは持っているものの、しかし将棋ファンを唸らすほどのリアリティ、描写の「非表面的」さ。



作者はこの作品を執筆するにあたってかなりの取材をしたらしく、このラノベでは将棋のルールを知っている、将棋界の有名なエピソードは知っている、将棋界の表舞台は知っているという範疇を大きく超えて、かなり将棋界の核心に迫る部分まで熟知した上でそこを描こうとしています。
女流棋士がどういう存在であるか、それを残酷なまでにはっきりと口にしたこの作品はプロ棋士(西遊棋)の監修を得た上での作品としては、かなり踏み込んでいると言えるでしょう。
女流棋士は晒し者、プロ棋士になれていない存在である奨励会に入ることすらできない程度の棋力でアマチュアにもナメられる、棋力より必要なのがルックス、そんなことをオブラードに包まずめちゃくちゃど真ん中ではっきり言い切ってしまう。


また作中には多く実際にあったエピソードが取り入れられてますが、その知識がかなり深い。
私はかなり長く深い将棋ファンであると自負していて、作中に部分的な数手の棋譜が載るだけで「ああ、あの対局の棋譜か」って分かりますが、それでも知らない事が結構ありました。(「最後の審判」は知りませんでした)


全体的に非常にリアリティがあるため、読んでて感情移入します。
将棋界というのは非常に「常識はずれ」な世界で、普通野球漫画とかで小学生が甲子園投手からホームラン打ったとか描くと「んなことあるわけねーよ、漫画だなー」ってなるところですが、将棋界というのはそれが実際にある世界。
(噂の藤井聡太くんは小学生の頃に、プロ棋士詰将棋のトップも参加する詰将棋選手権で優勝しています。雛鶴あいのキャラクターは決してリアリティのないトンデモ設定ではないのです)
それ故、こういう超天才の子供キャラが活躍するものであるラノベという分野には合っているといえるでしょう。



というわけで今このラノベに、あいちゃんが可愛いとかそういう視点ではなく、「将棋書籍」としてどっぷりハマってます。
いつか描いてほしいのが、主要キャラクター誰かの「退会」にまつわるお話。
もう少し正確に言うと実際に退会してしまうお話。ここまでリアリティを重視し、将棋界の酷さも描いている作品だからこそ、踏み込んで欲しい。
桂香の話のとき(3巻)にちょっと期待したんですけどねー。
全員が幸せにはなれない、友人をむしろ自らの手で処刑しなければいけない将棋界、登場人物全員が勝ち、成功するのではリアルでありません。登場人物側が処刑するシーンはありましたが、是非断腸の思いで登場人物側を処刑して欲しい。



余談。
これ、藤田綾佐藤天彦に怒られないのかな(笑)