【サッカー】 W杯最終予選 日本 vs サウジアラビア

残念だけど内容ともに大きな不満はありません。
日本も、サウジも、よく戦いました。


今日の試合に関しては気候的条件からもその他の条件からもオーストラリア戦と同じように戦えるものではなく、そのため日本も取る戦術を変えていました。
オーストラリア戦のハイプレスではなく、引いてゾーンで守るリトリート。
細かいパス回しを得意とするサウジに対してスペースを殺すゾーンは確かに正解と思えますし、実際機能していたでしょう。既にペナルティエリア前まで運ばれてるのにゾーンを重視し当たりに行かないシーンが多かったのだけは気になりましたが。


攻撃面ではパスの精度が全体的に低いために、形を形成できていなかった印象です。
残念ながら、本田も柴崎もこの面で及第点には至らず。


失点シーンに関しては相手の選手を褒めるべきもので、まあ上手かった。
どちらかというと結果的には失点せずに済んだけど簡単にペナルティエリア内でフリーで撃たせる場面が何度かあった、そっちのシーンの方が反省すべき点でしょう。



とまあ内容について触れましたが、今日の試合で私が最も求めていたのは勝つことではなく、この先の日本代表の強化に最もつながるアクション、です。
つまり普段出さない選手を出してほしかった。
その意味では杉本も柴崎も、そして少し出番から遠ざかっていた久保も使って戦ったのは良かった。
出場機会の多くなかった選手を試してみることは必要ですし、経験を積ませることも必要。
そしてここで彼らを出すことが、今後の競争へのメッセージになる。
正直今日のパフォーマンスに関してはそれらの「新選手」たちはいずれも満足行く結果を出せませんでしたが、今日の結果ではなく将来への日本代表の道筋として、これが大事なのです。


日本から頭を離し、サッカーファン目線で見ると、オーストラリアとサウジアラビアではサウジの方がアジア代表としてW杯に出て欲しいと思えるチーム内容でした。
その意味では、サウジアラビア、おめでとう。