【将棋】 菅井王位

ついに若手が羽生世代の牙城を・・・。
と書いたら佐藤名人に怒られますが(笑)、今年に入って次々と羽生タイトル保持者に挑んだ若手がついに奪取しました。
内容もいいですね。いわゆる定跡系でなく力戦型っぽい戦いが多かったですが、しかし菅井王位に言わせると「研究がハマった」そうで。こんなんまで研究してるんですね、一人で。すごい。
しかしこのねじり合いで羽生に4勝1敗できるとは。菅井王将の地力の高さを感じます。


近年、羽生世代の衰えが目立ってきています。
森内はA級を落ちて実質の引退。郷田は絶不調中。丸山も数年前から目立った活躍はなくなりました。
さらに一つ下の世代の旗手、渡辺も衰えを感じさせる近年の成績。
そんな中で若手から有望な人材が多く出てきていて、将棋界全体の世代交代を感じます。


次に期待するのはまず王座戦の中村、そしてA級入りしてその土俵に立った未来の名人豊島。