【GTS】 クローズドβテスト募集

応募しました。
http://www.gran-turismo.com/jp/news/00_4079128.html
・・・クッソ長い要望文付けて(笑)



付けた要望文貼っときます。
決して不満のぶつけや個人的な欲しいものの要望ではなく、GTSが繁栄するにはどうすべきか、という視点で書いたつもり。

オンラインにおける「遊ぶための仕組み、快適性」を望みます。
リアルなグラフィックや緻密な挙動より、そちらを重視して欲しい。


グランツーリスモが繁栄するにおいて、オンラインが盛り上がるか、人が集まってくれるかが最も生命線です。
同じレースゲームであるProject CARSは、グラフィック、挙動において当然ながらPS3のGTより上を行っていました。
しかし、今CARSがGTより流行っているかというとそんなことはありません。
(GTから多くのプレイヤー(自分のフレンドたち)が足を伸ばしに行ったにも関わらず、多くが投げ出して去っていきました)


その理由はグラフィックがダメだからでも挙動が楽しくないからでもなく、オンラインが遊ぶに耐えぬ状態であったためです。


これはプレイヤーレベルのマナーその他の問題ではなく、システム側の問題です。
CARSは人が集まって快適に遊ぶためのシステムを有しておらず、あくまでシミュレーターの延長的な「取ってつけた』簡素なシステムでした。
結果「車を走らせる」ことはもちろんできたものの、「人と遊ぶ」ことができず、多くのプレイヤーを離れさせました。


GTのよい所に、人と集まるための場を提供してくれたこと、コミュニケーションを取れることを重視したことがあります。
GTSでもこの路線を重視、そして強化してほしい。


GT6のコミュニティ機能が発売後1年経ってやっと実装されたことは、GT6のプレイヤーを減らしてしまう非常に大きな機会損失でした。
ゲームは発売直後が一番盛り上がり、逆に発売直後に盛り上がらなかったゲームは緩やかに過疎化していくだけでV字回復はしません。


オンラインに関しては「盛り上がっていることが盛り上がる要因になる」という世界です。
少し外れた例ですが、ブラウザゲームの「艦隊これくしょん」は決してゲーム自体が作りがすごくよく、すごく楽しいわけではないのですが、盛り上がっているからプレイヤーが集まり、そしてさらに盛り上がっていきました。
また「World of Tank」や「War Thunder」などに代表されるオンライン対戦ゲームは、プレイヤー数が命であるからこそ最低限は無料で遊べるようにしてまでプレイヤーの確保に力を入れています。(対戦ゲームは対戦(マッチング)が成立しないと話にならないので、戦略的に人の数は本当に重視しています)


プレイヤーは「作り込みがすごい」ゲームに集まるのではなく「盛り上がっている」ゲームに集まる、それがオンラインゲームの時代における流れです。
そしてどうすれば「盛り上がる」か、それはオンラインが「楽しい」ことが肝要です。


幸いにもGTは長年で築き上げたプレイヤーとのコネクションがあります。
故にそこからプレイヤーが欲しいと思う機能の要望を集めることは可能でしょう。
オンラインのシステムに関しては、決して実現が難しい、コストがかかるようなものではなく、アイデアレベルで実装が容易な要望も多く聞かれます。
それらの声を集め、取り入れてみてはいかがでしょうか?


プレイヤーが「オンラインが楽しい」と感じ、だからオンラインしようと思って集まってくれるかどうか、そこがGTの未来においていちばん重要な部分であると思います。
そのための、オンラインを楽しく遊べるための仕組み、快適性を、GTSには望みます。