【GT6】 HARさんと走行会

・・・はい、間違ったわけではありません。GT6の記事です(笑)


ある理由により、HARさんと話をするのにGT6をその会場にすることとなりました。(そのある理由はまだ秘密だそうです(笑))

GT6起動するの2年ぶりですね。



そのある理由のために、場所は富士、車はプリウスです。が、レースしようぜということで集まったわけではなく、あくまで雑談場。




・・・だったのですが、話しながらなんとなくタイムアタック魂に火が付き始め、車を86に変えてお互い黙々の走り込み勝負に(笑)
さすがHARさん、我が(かつての)ホームの富士ながら私を0.5秒以上引き離すタイムをマークし、負けず嫌い魂がメラメラと燃えた私は勝つまでやったると走り続け(笑)、その当のHARさんのアドバイスも受けながら走り込んでやっとギリギリ上回ったところで終わり。
HAR 2'13.082 / aono 2'13.041という結果でした。



久しぶりに走ってみて、最初は完走自体ができないだろう、あの頃の感覚は全部忘れてて例え富士ですら大して走れないだろうと思っていたのですが、やってみると意外と体が覚えていて、すんなりと馴染んでいけました。
そんなもんなんですねぇ。



そしてこうして人としても仲がよく、また走り合うと0.0x秒の差を削り合って争い合える相手と走ると、やっぱGTって楽しいなって思いました。
決して派手なタイムが出なくても、決して大人数で走らなくても。
別に今GTが速くなる必要も記録を出す必要もないのに、好き好んで会話すら脇においておいて自分から走り込む己の姿。
やっぱこれが原点ですね。GTのというより、ゲームの。



色々と、思い起こさせてくれた一晩でした。