暖房機器

フレンドのありがたいアドバイスに従い(笑)、暖房機器を買いました。



オイルヒーター。ブロク執筆時点でamazonの価格が爆上がりしてますが、私は13000円で買いました。


暖房機器を買うにあたり、どのタイプのを買うかを検討しましたが、今の住まいは灯油、ガスとも使えるのですが、これは引っ越したらそちらでは使えない可能性が高かったので電気で検討。
電気はセラミック、ハロゲンなどが一般的ですが、これらは火災が怖い。また、よくある熱線が当たっている部分だけが異常に熱くなるのも不快。
実は暖房機器としてはエアコンが機能的にもコスパ的にも最強なのですが、エアコン設置は非常に金銭的ハードルが高い。


そこで日本ではまだあまり一般的ではないらしいオイルヒーターを検討しました。
オイルヒーターのいいところは、煌々と燃える熱で温めるわけではないので火災の心配がないこと、局所的でなく部屋全体を均等に温めてくれること。風が吹かないのでクリーンなこと、乾燥しないこと。そして静かなこと。
逆に弱いところが、温める力が弱く温まるまでに時間がかかること、その関連で部屋の出入りで空気の入れ替わりが起きた時に回復する力が弱いこと、電気代が結構掛かることです。


で、私の場合は一人暮らしで基本同じ部屋に入り浸り、また部屋の出入りも自分の分しかなく少ないことから、オイルヒーターのデメリットがあまりデメリットになりにくく、こちらを購入するに至りました。


もう一つのデメリット、電気代に関しては次の電気料金を(恐れながら(笑))待つことになりますが、ここの節約のため温度調整機能およびエコ機能があるタイプのものを選びました。
その上で、最大出力では使わない感じでやってます。(それでも十分暖かいです)


数日使ってみての感想は、これは結構良かったです。
まず温める力が弱くホントに温かいか、に関しては十分暖かかったです。
オイルヒーターの温め方はいぶし銀的で、いわゆるガツンとした暖かさはないものの、しばらく部屋にいてからトイレなどで部屋を出ると、ああ、ちゃんと暖かかったんだなって分かる程度の暖かさ。
個人的にはこれでいいです。というかこれがいいです。無駄にカッカと熱いのは嫌いなので、あくまで震えるような寒さでなければそれでよく、まるで春のような暖かさ!みたいなのは不要。
何かを燃やすこともなければ風を吹かせることもないので、静かというレベルを越えてそもそも一切の音が立たなく、この点も快適。
前のアパートでエアコン(部屋についてた)を使ってる時は風が当たることやそれにより乾燥することも不快だったのですが、そういうのもない。


これがいい!と思えるための条件がかなり私の場合はという方に寄っているので一般世間全体にお薦めはできませんが、私は大満足の暖房機器でした。
・・・この感想が今月末の電気代を見て変わらないことを祈ります(笑)



もう一つ買った暖房機器・・・ではないですが暖房道具としてこれ。
私は元々部屋で毛布にくるまって過ごすので、その毛布を着ればいいじゃない!というこの商品は目からウロコでした(笑)
イメージとしては、ガウンが毛布の生地でできているような感じです。個人的にはクマの着ぐるみタイプのものが欲しかったです(笑)(ホントに探しましたがいいのがなかったため断念)


衣装にする以上仕方ないですが、本物の毛布よりは少し薄手でその点は若干寒いです。またガウンタイプのため、足元に関しては結構裾が開いてしまうのが残念。着物の用途的にはここが(ボタンで止めるなどで)密閉されて欲しかった。


ただ、着る毛布の中でこの商品では、というところでは、首元がしっかり止められるのがいいです。
完全なガウンタイプだと首元は和服のそれになるのでスカスカでかなり寒いのですが、この商品はきちんとそこをガードする仕様になっています。
また、洗濯機で洗える点も見逃せないポイント。部屋で毛布にくるまる生活の私から言うと、結構汚れるんですよ、毛布。言い換えると結構匂いがつく。
だから洗えないと悲惨なことになりますが、自宅の洗濯機で普通に洗えるのでとてもよい。



私は基本的に、暖房に関しては着ることでしのげるなら着るべき、という考えです。
だって着るだけなら消費コストは0ですよ。
パジャマ+はんてん、程度の薄着(自分的にはこれは全然薄着)をしておいてそれで快適に過ごせるよう暖房費をガンガン消費するのは経済的にもエコ的にも無駄。
部屋でジャンバー来たり、毛布にくるまったり、それでも防げないほどの底冷えを暖房機器で防ぐ、そういう使い方の想定なので、この着る毛布を基本としつつもそれでも寒い分だけオイルヒーターで温めていきます。