【サッカー】 W杯最終予選 日本 vs オーストラリア

いい試合でした。
今回の最終予選の中で内容的に一番満足できる試合。
お互いがいいプレーをした上での結果。



本田のワントップに関してはずっとこれはあるんじゃないかと思っていた選択肢だったので、今日来てもサプライズというよりやっぱりやってきたかという感想でした。
自身が動き抜け出すことで働くのではなく、本田は起点となった上で周りを使うのが上手い。
1点目はこのCF本田ならではの働きが産んだ得点でした。



得点も取り失点にも絡んでしまった原口、あのPKに関しては仕方ないという面も感じています。
判定は当然です。あれはPKを取られても然るべきで、審判が何か問題があったわけではない。
しかしあれにはストーリーがあって、前半、原口が前線で肩をぶつけてボールを取りに行ったプレーをし、ファールを取られる場面がありました。
これに対し原口はかなり強く「肩だろ!」とアピールしていたのが、ここへの伏線になっている。
こういう時「戦う」選手の場合、簡単には引かずに同じプレーを再びやって審判に「OK」を取らせ、それで今後このプレーはOKという線引きをさせるという審判との駆け引きがあります。
原口としてはその駆け引きの結果なので、致し方ない面がある。ので原口の問題はペナルティエリアの中でそれをしてしまったことでしょう。


また、あのシーンはかなりフリーで敵に撃たれてしまうケースだったので、誰かは無理してでも寄せないといけない場面だった。
そこでPKになるからと当たることを避けてしまってはそれこそPK並の決定機を相手に与えるので、原口としても当たりに行った判断は間違ってない。


私としては原口の責任を追求する必要はないと思っています。
(どちらかというと原口にあの無理をさせなければいけない状況を作ったチームとしての守備が問題。チームの責任)