【サッカー】 W杯最終予選 日本 vs UAE

録画で見ました。
問題点はあるものの、内容的には負けてはいけない試合。


最初にフォローをすると不運、仕方ない部分はありました。
相手の1点目のFKは典型的決めた方を誉めるべきキックで、あれはもうしょうがない。
だからその前の部分で〜という話ではあるのでしょうが、あれ自体はしょうがない。


そして浅野のシュートはゴールラインを割っていました。
それが認められなかった不運。
宇佐美のPKが認められなかったのも不運のうちでしょう。



ただ、それでもだから負けてもいいというわけではない。
勝ち切れない弱さ、力関係的には勝っていても勝てない弱さというのはここ最近の日本の課題でしょう。



と言いましたが、UAEはボール回しの部分で日本を上回っていました。
動きながらのワンタッチパスでスイスイとかわし前進していくプレーは日本が真似すべきもので、日本以上でした。
今日の試合、日本の方も細かいパス回し、中央部分での縦へのパスで崩す戦い方を見せていましたが、あまりうまくいっているとはいえない印象でした。
解説の人が強調していましたが、UAEにクロスに対して弱いという弱点がある以上、もっとサイドからの攻撃を徹底すべきだったのではないでしょうか。
サイド攻撃自体は時々やっていましたが、全体的に中央寄りで狭い印象を受けました。
もっとサイドラインいっぱいに広げてのクロスを取り入れればどうだったか。
またサイドからのクロスも今日は質が低い印象を受けたので、いまいちちぐはぐです。



広島サポで浅野を応援している私ですが、今日の試合に関しては出したのは疑問でした。
浅野はまだまだ日本のCFとして頼れる存在ではなく、体力的にも問題ない状況の中岡崎を下げてまで投入する意味はあったのか。
浅野を投入すべきタイミングは走りにより抜け出せる状況であり、今日のUAEはそういう感じではなかった。
また若手を試す的な意味では負けている状況で投入すべきではない。
大島の投入は開始時点からだったのでまあいいと思いますが、なぜ若手を試す余裕もない既に負けている状況で浅野を出したのか。



開始前に初戦敗退=0%をさんざん強調していたのがブーメランが刺さってしまった状況ですが、次戦以降の巻き返しに期待します。