【サッカー】 J1リーグ 広島 vs 神戸

オリンピックの関係で浅野塩谷が抜けましたが、その辺の事情はお互い様なので特にそれでどうとかありません。
ただ、いよいよもって本来のスタメンが抜けまくる布陣、守備陣に至ってはスタメンどころかDFを専門職としている選手ですら不足し、急遽MFの選手をあてがう応急処置。


そんな中で今日の試合は久しぶりの無失点試合。今日の賞賛ポイントはそこだと思います。
その意味でMVPは林。あの決定的シーンをよく止めてくれました。


攻撃については結果としては2点取っての勝利であるものの、良い所がありません。
相変わらずファーストパスの段階で既に通らない「軽い」パス。
足を止め、足元にばかり要求するパスワーク。
ボールを受けるとまず後ろを向き後ろへのパスを第一選択とする前進力のないネガティブな戦い方は2年前サンフレの試合を見始めた頃のダメなサンフレを思い出させ。

ウタカ

基本的に広島の得点源であり実際Jの得点王争い及びアシスト数争いに絡んでいるウタカですが、そろそろ問題点も見えてきました。


最大の問題は、プレーの選択幅を広げて欲しいこと。
ウタカに求められる仕事の一つにポストプレーがありますが、現状その仕事に固執し過ぎるきらいがある。
ボールを受けてもあくまでスローダウン、後ろ向きへの動きで誰かに出すプレー「だけ」をしてしまう傾向が、かなり強くなってきました。


最初の得点シーンがそうでしたが、ウタカは自分自身のドリブルで仕掛ける力もある。
シュートも強引でも強く撃っていく力もある。
にも関わらず常に前述のようなポスト的な動きだけを選択するため、相手に対して与えるプレッシャーが弱い。
ウタカが持ったらドリブルで仕掛けられるかもしれない、強引目でもシュートを撃ってくるかもしれない、その可能性を相手の選手に与えないと、最終的にパスを選択するにしても、敵DFをかなり楽にしてしまう。


ウタカの持つポテンシャルからすれば本来相手DFは相当なプレッシャーが掛かるはずです。
しかしウタカのその「遠慮がちな」プレーのため、そのプレッシャーをチームの勝利へのプラスに結び付けられていない。


今のウタカの働き方(働かせ方)はウタカという戦力を無駄にしてしまってます。