【サッカー】 J1リーグ 広島 vs 鹿島

広島の穴を突かれました。
力とかではなく、チームの戦術の時点で負け。



広島の穴とは、自陣ゴール前で過剰なまでにボールを回すことです。
ボールを蹴りだしたら負けと言わんばかりに、GKまでを使って危険なまでにボールを回す。
それはチームの連携が上手くいっている時はクラブワールドカップのような舞台ですら通用していた広島のやり方ですが、今の広島では上手くいっていない。
しかし多少危険でも上手くいってなくても、それが俺たちのサッカーだからと強情にそれを続けてしまうところが、広島の長所(育成的な意味)でもあり、穴でもあります。



今日に関しては、鹿島に徹底的にそこを狙われ続けました。
1点目はもろそれで取られてからの失点でしたが、そこだけでなく、再三自陣ゴール前でのボール回しを奪われるケースが発生。
チーム戦術としての負け、それが今日の試合。



それ以外にも、広島の守備の弱点、それはボールターゲットへの寄せが遅いことです。
広島はあるターゲットにボールを出される際、そのターゲットと距離を取った位置で守り、ターゲットにボールが渡ってから寄せるという悪い癖があります。
このためボール自体は渡ってしまう。さらに相手に連携されるとフリーな選手を生みやすい。
鹿島の守備がそうでしたが、ターゲットにボールが渡る前に寄せて渡させない守備が必要です。
特に今は2トップを敷いていて、数的優位で数で守るというのが1トップの頃よりやりにくい。
広島の「数で守って実は個々への対応は上手でない」という弱点も、今日は露呈していました。



今日良かった点は、浅野の成長が見れたことです。
既にアーセナルへの移籍が決まっている浅野、多分に「まだまだの選手」で今すぐ海外で通用するレベルではないと思いますが、それでも今日の2得点の内容を見ると、成長したなぁと思わざるを得ません。
どちらも決めて当たり前のようなゴールではなく、2点目などはむしろあれをきっちり決めれるのはエースストライカークラスという難度のプレイでしたが、綺麗に決めてくれた。
昔の浅野だったら決めれませんでした。それがたったこの2年の間に、私も気づかないほど、彼は成長してたんだなぁと。
こういうプレイを見せてくれたら、笑顔でアーセナルへ送り出してあげられます。
残り2試合も、そして移籍先でも期待しているよ、浅野!