【サッカー】 J1リーグ 広島 vs 磐田

けが人続出で主メンバーであった佐々木、水本、青山、森崎、ミキッチが長期離脱中の今年の広島、ファーストステージは4位という結果でした。
4位と言ってもまるでリーガ・エスパニョーラのような二強体制で大差の4位なのでかなり成績は良くなく、選手たちは頑張っていると思いますがサポーターとしては満足していません。


で、そのけが人続出であることも踏まえて試行されている2トップ制。
直接見るのは今日が初めてでしたが、機能していないなぁと思いました。
1トップの頃はそれで成功するか、相手に勝てるかはともかく、システム的に機能はしていました。
が、2トップ制の今、システム的な形というのが形成されておらず、局面局面で困りながら個々の力でなんとかしようとする、機能的でないサッカーに。
広島の好きなところは個の力でなくチームで、システムで戦うところだったので、今日のような試合だと全然満足できません。


広島の武器であったサイド攻撃、今年は徹底的に対策されているものの、それでも1トップの時はそこを中心に勝負する形自体は取れていました。
しかし今日の試合はサイドで攻略する形を放棄しているかのように、中に縦に入れようとすることが多かった。


この問題に拍車をかけているのが、寿人、ウタカ、浅野という今の広島の中心メンバーのカラー。
寿人はトップしかできないタイプです。浅野も特性を活かすならトップで走らせてもらうのがベスト。ウタカはオールマイティで何でもできるのですが、しかし現実問題として決定力不足の広島の中で、ダントツの決定力を有しているのが彼。
このせいで、誰をトップに置くのか、誰を活かすのかが難しい問題になっています。


2トップにした意味も一つはそこにあると思いますが、2トップにしてなおあぶれる浅野が、しかし走ることで抜け出しを狙う形になるので、その狙いの選手が2列目に来るのは無駄が生じます。


今日の試合を見ての感想を言うと、ウタカは存在感を発揮していた一方で、寿人は消えてました。
同時に、浅野も消えていました。
浅野をあくまでシャドウで活かすなら、浅野をサイドを縦に走らせることで突破するという形を取り入れた方がいいと思います。
しかし広島においてはサイドを突破するのはあくまでサイドハーフの仕事になっています。
このため、浅野は苦手なポストプレー、足元のプレーを要求され、起点となる動きを要求され、結果として彼の特色を活かせず、凡以下のプレイヤーとして消えてしまってます。


今の広島は、チームとしてガタガタだなぁと思いました。