【サッカー】 ACL 広島vs山東魯能

ACLは過密日程を強いられる広島にとって、全試合ベストのメンバーでいけるわけではない、という前提で見る必要があるので、メンバーも内容もある程度しょうがないです。
そして結果も。相手が強いこともあり、この結果で十分頑張った成果でしょう。


広島のサッカー自体はできていてシステム的にも通用はしていたのですが、個の力で負けることがともかく大きく響きました。
攻めてはサイド攻撃時の柏、清水の仕掛けでなかなか勝てずにクロスを上げることができない。(Jリーグでは彼らはむしろよく勝ってる側で、サイド攻撃が広島の形として形成されている)
守ってはちゃんとマークについているものの一人ではかわされ抜かれ、そこの不安に対応するためシステム自体が崩れ、また「恐怖心」から守り方(特に個人戦)が後手後手、無難無難といくせいで相手に「最低限の確保」は保証してしまう。


しかしそこは今の日本サッカーを考えるとしかたがないこと。
そこで負けてる前提で、しかしチームでどうするか、が日本に問われていることなので、その意味では今日の広島の戦いは決して不合格ではありませんでした。


ACLJリーグナビスコカップ、この3つを戦う今年の広島ですが、全てにフルパワーを出す必要はありません。(できません)
全部勝て!は理想論として、現実的には全力で勝ちに行くものと「エコ」にいくものは分けなければいけない。
そして私個人としては、一番力を入れるのはJリーグであって欲しい。ので、ACLは今日の試合のように、あくまで1.5軍で臨んでもらって構わないです。その前提で見ます。

ウタカ

ウタカがいい。
今日で見るのは二回目になりますが、二回目で早くも存在感を存分に発揮しています。
彼はオールラウンダーなタイプで、広島のシステム、シャドウという役割をよく理解していて、そこに必要なプレーを実現するために自身の技術を使っている感じ。
我が強く自分のやりたいプレーをやりがち、という面が、外国人プレイヤーにしてはかなり薄い気がしてます。
ポジショニングやパスなど、フィニッシュ以外のプレーの質が高い。その上で、点を取る部分もできる。


ただ、そのプレーと広島のイメージにまだズレがある。
といってもウタカが悪いわけではなく、時には(割りと多くの時には)ウタカの判断の方が正しく、いいアイデアのパスを出しているのですが、広島のイメージと違うため広島の選手が対応できていない。
チームとしてイメージを共有することは大事なので、必ずしもウタカの判断でいけと簡単に言えることではないのですが、この辺りは今後のチームの熟成が待たれます。

シャドウ

さて、そのウタカの話も踏まえた上で、そしてメンバーのローテーションも踏まえた上で、今日考えなければいけないなと思ったのはシャドウの問題。
広島は11人だけしか有力選手がいないわけではない、ある程度の層の厚さを持ったチームです。
が、その上で、誰をシャドウにすえるかは苦悩する問題だなと。


最前線を張れる攻撃の選手として、寿人、浅野、皆川、ウタカが広島にはいます。
が、逆に最前線でしか活躍できない、と言い換えることができる選手が寿人、浅野、皆川、三人ともである。
広島はCFは1人に限定されたシステムですが、この関係で、CFの喰い合いが起きる。
その結果、溢れた選手をシャドウに落として使うことになるのですが、誰がシャドウができるのか。CFとして誰が一番か、ではなく、シャドウもできる人は誰がいるのか、そこからの逆算でCFを選ぶ必要があり、これが難しい状況を生んでいます。


浅野は昨年以前からもシャドウとしての起用はされていましたが、シャドウとして適切であるからではなく、その意味で配置されている意味合いが大きい。
彼の特性を活かすなら、日本代表でそう起用されているように、また広島でも「ベストメンバー」の時はそうされているように、CFで起用するのが一番いい。
しかし今日の試合のように、1.5軍を使わなければいけないとなった時、寿人を外すと皆川が浮上してきて、彼が浅野以上にCF以外のポジションができない。(CFも微妙ですが)
故に、まだましという意味で、皆川よりCFとして有力である浅野の方がシャドウに落ちるという逆転現象が。


ウタカはその点オールマイティで、今の広島の事情的には非常に使いやすい選手ですが(実際今日もシャドウとCFと両方のポジションを担当した)、この辺り、選手をどう使っていくのか、難しい状況での監督の手腕が問われます。