【サッカー】 XEROX SUPER CUP 広島vsG大阪

今年の広島はどうなのだろうかという部分を占う試合でしたが、結論を言うと安心できました。
去年は優勝したものの、開幕時点ではとてもチャンピオンを取れるチームの戦いではなく、悪いところ、機能してないところの目立つチームでしたが、今年は最初から「強いチーム」としての観戦ができそうです。

シャドウ

さて、注目していた点はドウグラスの抜けた穴がどういう形で埋まっていくか。
今日その「テストの」対象となったのが茶島とウタカですが、どちらも非常に良いパフォーマンスを出していました。
ドウグラスはどちらかと言うと自分が主になってゴールを狙っていくタイプでしたが、この二人はシャドウとしての働きに重きをおく感じで、チームとの連動性が良くなってると感じます。
WBとの連携でサイドから崩す形が、去年より良くなった。
ドウグラスはそこが弱い代わりに自身のキープ力、攻撃力で爆発的に点をとってくれたキーマンなのでどちらがよいということはないのですが、今年は去年とはまた違った広島のサッカーが見れそうという楽しみが湧いてきました。

メンバー

ミキッチは昨年オフの段階では退団の話が出てましたが残留したんですね。年齢は気になるものの現在も十分ハイパフォーマンスな選手なので嬉しい。
そして今年の広島は過密日程に対する選手層の厚さ構築がポイントになってますが、

  • CF:佐藤、浅野
  • シャドウ:柴崎、ウタカ、茶島
  • WB:ミキッチ、清水、柏
  • CB:千葉、塩谷、水本、佐々木

とこの辺は誰が最初に出てもおかしくない人材なので心強いラインナップ。
個人的には野津田、丸谷もここに加わっていって欲しいです。