真田丸

NHK大河ドラマ真田丸を観ています。
NHK大河ドラマを見るのは久しぶりというかほぼ初めてレベルなのですが、どういうわけかふと気が向いたので毎回録画して視聴。
今のところ結構面白いです。真田は名前は知ってるもののその歴史は全然知らないこともあり、話の展開にも興味を持ちながら視聴できてます。


個人的に好きな俳優、というかその俳優がやって表現している役が好きなのは真田昌幸です。
すごく切れ者の、しぶとさの戦国大名、という雰囲気がよく出てますね。
非常に渋くてかっこいい。


が、基本的にコミカルというか現代風の表現に戸惑いも。
信繁もそうですし、その周りの女性たちも非常に現代風。
また徳川家康が異常にコミカルに描かれているのにも抵抗。
大河ドラマはもっと重厚な感じだと思ってたんですが、最近は違うんですね。


まあでも話のテーマからして、戦場で武勇を発揮したというより知略で生き抜いた人たちが題材なので、その戦略戦が楽しい。
そこが一番の見所かもしれません。
だからこそ、史実を知ってないからこそ面白い。