【サッカー】 五輪予選 日本vs韓国

優勝おめでとう!
ともかく結果が出せない、勝てないと言われた世代が結果を出したこと、これが全てです。
決して王者の戦いではなかったけど、ともかく結果に満足。



とまあ喜びはそんな感じですが、以下は内容など冷静な話です。


まず、韓国はここまで後半体力が落ちるのかと。
前半の戦いを見ると、完全に力で負けてるな、チームとして負けてるなという印象でしたが、あのプレーは相当な「消費」の元にされていたのでしょうか。
内容的に体力を使う分でのプラスとはちょっと違う感じだったので、意外でした。
(体力を使うプラスの代表はプレス、今日の韓国は中盤のシステム的な部分でプラスを生んでたので、体力に影響はしづらいのではないかと思ってみてた)
ともかく前半は中盤負けで、ただ負けるだけでなく日本の選手のパスだったりフィードだったりがズレていることも大きな原因だったのですが、後半(の後半)はむしろ韓国にそれが目立つ展開。


それを踏まえても、勝ったのは結構ラッキーがあったと思います。
危ないシーンは圧倒的に日本の方が多く、2点取られましたが逆に2点ですませてもらえた、というのが正直なところ。
前に書いた、DFが数がいるのに選手をフリーにする問題はこの試合でも何度も現れ、むしろ韓国というレベルの高いチームと戦うことでより一層明確になった。
1点目はDFに当たるというアンラッキーもありましたが、フリーで撃たせた時点でアウトで、だからDFの問題、日本の責任。
逆に2点目は、韓国の選手のナイスプレー(あの状況で股抜きでシュートとは)でしたが。

大会通して

MVPは久保。(前回語った通り。それプラス、CFにも関わらずDFにまでかなり貢献)
次点は櫛引。(ファインセーブが目立ちました。今大会一番「当たっていた」選手)
鈴木は怪我がなければもっと活躍したであろうからちょっと残念。


逆に気になったのが岩波。
彼は今日の試合でイエローカードをもらい問題が顕著になりましたが、これまでの試合でも冷静さを欠くプレーが度々見られ、「不要なマイナス」を生んでいました。
(何戦だったか忘れましたが、普通にセーフティなこぼれ球の流しの際に、相手の追いかけていた選手に無駄に止まってショルダーチャージしてファールもらったプレイや、いくつかのプレーで手が出る傾向があるなど)

浅野

ブレイクありがとう!(喜び)
結果が出せたことも嬉しいですが、その2点とも非常にいい内容であったことが嬉しいです。
より正確に言うと、浅野に求められるプレー(飛び出しによる速さ勝負)をする時、それを武器とするならこういう形では決めないといけない、こういう形は得意形としなければいけないというケースでしっかり安心できる内容で決めたこと。
彼にとってこのゴールは、ただの2ゴールという意味は大きく超えて、非常に大きな意味があったと思います。
彼が彼らしく活躍するために必要な実力が、彼についてきたということ。


ちょっと話逸れますが、来期のサンフレでCFの座を獲得する可能性が結構ありそうな気がします。
彼の成長度合いと、その彼を活かすことがチームにとって優先順位が高くなると。