【サッカー】 CWC 広島vs広州

広島、3位おめでとう!!
ホントに今大会、最後の最後までいいサッカーを見せてくれました。
Jリーグの、日本の誇りです。



今日の試合は広島らしい、森保監督らしい、この大一番にもかかわらず若手にも経験を積ませるスタメン。
広島はこうやって成長し、勝ってきたチームなので、全く問題ありません。
しかしこうやって出てくる「サブ」が十分にパフォーマンスが高いのが広島。
広島は来季ミキッチと山岸が抜けることが既に確定しているので、この層の厚さでまた再構築して来年も頑張って欲しい。



やはりチームとしての力の差もあり、主に中盤を支配される展開。
どっちかというと中盤を支配する側の広島ですが、中盤でのプレッシング、球際の激しさ、そしてなんといっても読みに勝る広州にことごとくつなぎの部分をカットされていたので、広島としては苦しい展開でした。



寿人は今大会出番が少なめでしたが、今日も得点こそできなかったものの彼らしいいい仕事をしていました。
彼の持ち味が十分に発揮されたシーンが何度も。あのディフェンスの隙を見つけ出し作り出す技術は一級品です。



最近の試合(JリーグCS辺りからですが、今大会では特に)で特徴的なのが、青山がかなり高い位置までプレッシャーを掛けに行く動き。
広島は守備時は5-4-1のブロックを形成しますが、前線からプレッシャーを掛ける場合はCFとシャドーの三人が最初にそれを担当するのが本来です。
が、その二人のシャドーを追い越して最前線までボランチの青山がプレッシャーを掛けに行く場面がよく見られます。
これは戦術的選択なのか、シャドーの二人のプレッシャーが足りないので仕方なく自分がやっているのは不明なところ。(森保監督も「前線からもっと厳しくプレッシャーに行け」とよく指示している)



私はブラジルファンでもあるので、その意味で広州側も注目していましたが、パウリーニョはホントすごい。
個に突出した選手が「並」のチームに混ざった時に必ずしも最高のパフォーマンスを出せるわけではないのはよくあることですが、見事に違いを出してましたし、またそのプレーが個人レベルではなくチームに貢献してました。
チームの勝利のために力になれる人、それがホントのスーパースター。
あと1点目を取ったのは彼ですが、あの反応は・・・。JリーグCSでドウグラスがやったプレイと似たものでしたが、ブラジル人の超人反射神経まじ半端ない。



改めて、広島、おめでとう!
来年も応援するよ!