【サッカー】 CWC 広島vsリバープレート

本当にいい試合でした。
これ以上ない成果、これ以上ない内容。
Jを世界にアピールするという目的は、十二分に達成されたと思います。



広島のサッカーは、十分にできました。
明らかに上の力を持つ相手に対し、しかし臆せず十分にトライしました。
結果、通用したところと通用しなかったところ。
しかしそれでいいのです。この試合で一番やってはいけないことは怖さのあまり自分たちのサッカーをしないこと、自分たちの力を世界にぶつけてみないこと。
例え10-0で負けてもいいから崩さないでくれ、チャレンジしてくれと思って見ていました。



結果として、広島のサッカーは十分に通用していました。
負けましたが、そりゃまあ負けるよねという一方的な試合内容ではなく、どちらが勝ってもおかしくないという拮抗した内容。
押されていましたし支配されていました。しかし試合としては拮抗していました。これが広島のサッカー。


青山はホント守備での貢献も素晴らしいですね。
体を張るし、強めのファーストコンタクトをする役目を担っていて最終ラインまで自由に持ちこなせないための素晴らしい働き。
もちろん前線への素早いロングフィードもあり、ホント日本代表に呼ばれないんですかね・・・。ハリルのサッカーには合ってると思うんですが。


また今日拍手を送りたいのはサイドの二人。柏、清水。(あと交代したミキッチ
広島のサッカーはサイドが生命線で、ここで勝負しないと戦術的に話にならないのですが、あれだけ格上の相手にさらに数的優位を作られても、臆せず何度もチャレンジ。
日本代表にも見習って欲しいとまで思いました。



勝って欲しかったし負けたのは残念です。
しかし広島ができること、すべきことは十二分の成果できちんとできた。
これを見て満足できない人はただ結果だけを見てあれこれ言う人だけでしょう。サッカーに詳しい人なら「よくやった!」という感想しか出てこない試合。



サンフレッチェ広島、お疲れ様! いい試合をありがとう!
(そして3位決定戦は、また勝ちに行こう!)