【サッカー】 W杯予選 日本vsシリア

この試合はW杯予選で初めて、ベタ引きせず戦ってくる相手との試合、という意味で注目してました。
本来の自分たちの戦い方ができる相手にどう結果を出せるか、そして今まで評価不能であった守備面はどうなのか、この二つが注目ポイントです。

攻撃面

攻撃面では、良くなった後半で見ると、細かいパスワークで崩すという「従来の日本の戦い方」で有効に攻めていたと思います。
これはちゃんと有効だったのでこの試合での選択としてはいいと思うのですが、ハリルの特徴であった縦に速い攻めが、自分たちのスタイルを出せる相手でも見られなかったのはあれ?という印象も。
結局以前からの日本代表に戻ってしまうのでしょうか。


また、その意味で言うともう一つの特徴であった、球際での激しさ、プレー強度がこの試合では見られませんでした。
どちらかと言うとシリアの方にそれがよく見られ、この試合、技術的には良かったですが気持ち的にはあまり良くなかった。
諦めの判断が早過ぎるきらいがあったし、「軽いプレー」が目立った。


パスに関して、受け手側の動きが足りないのも不満点です。
香川はいいアイデアを持ちいいパスを出していて、パスが成立しなかった時も彼自身のプレーには満足したのですが、成立しない原因は受け手側が上手く動けてないから。いいパサーは当然味方が動くことを前提としての場所、アイデアでパスを出すのであれでは香川が死にます。

守備面

気になったのはやはりプレー強度。
今日は本来格下の相手であるにもかかわらず、一対一でのプレー強度負けしてしまい崩される場面が何度か。
そして人数が足りているのに誰も寄せに行かないため相手に自由な時間を与える場面が今回も。これは昔からの日本代表のDFの悪いところなので、まだ改善されていないなと。
このケースになるのは誰が寄せに行くべきか判断が難しい状況、なので、そういう時に俺が行く!と行ける選手がおらずどうする?どうする?となるのが根本の原因。

両SBの質

長友と酒井の違いについて。


長友は自分自身の仕掛けにより、もしくは周りとの連携により、自ら崩してチャンスを作るタイプ。
酒井は本田が空けてくれたスペースに走って長いボールを貰い、崩しではなくフリースペースによりチャンスを作るタイプ。
そして酒井は相変わらずクロスの精度が低いです。単にキックの精度が低いというより、意図が伝わらないとりあえず蹴りあげましたというボールが多い。


本来、SBが崩すのはそれによって得られた余裕を精度の高いクロスに使うためです。
長友はその辺冷静で、上手く崩した時はいいクロスを上げてきます。
しかし酒井は、自らの仕掛けで崩せることが少ない反動か、たまに上手く決まってチャンスを迎えると、気持ちが気負う方に悪い方向に作用してより一層「ふかした」クロスを上げてしまいます。
酒井に関してはこの点における冷静さを身に着けて欲しい。気持ちに関しては十分に伝わってくる選手だけに、気持ちと冷静さを両立している長友から学ぶことは多いでしょう。