【サッカー】 J1リーグ第11節 広島vsG大阪

負けたけど、納得の試合。
試合終了後にサポーターが拍手だったのがそれを一番表しています。


3位争奪戦となったこの試合ですが、お互いの力関係ではG大阪が上なのは明らか。
広島自身もそれをよく分かっていて、最近前に重心を置く形を徐々に試していた中、この試合に関しては古式ゆかしい?ベタ引き戦術。
それ自体は別にいいと思います。相手の方が強い+攻撃力のあるチームなので、選択として正しい。
その戦い方の中でも、何度も惜しいチャンスは作っていたので、今の広島にできるベストは尽くした試合でしょう。


その上で、やっぱり宇佐美は怖い選手だなぁと。
生で見たのは初めてですが、やっぱり持たせると違いますよ。
一人ならチャンス、二人でも抜きにかかる宇佐美の「プレッシャー」に引きつけられるDF、そしてできる他選手のスペース、そんな理想的な攻撃の形ができています。


逆に広島の方で目立ったのは柏で、彼のドリブルからの切り返しに相手DFがついてこれずにチャンスになる形が何度もありました。
今日の広島のMOMは彼。


システム的な意味で気になったのは、G大阪の前線からのプレッシャーに後ろが動揺することが多かったこと。
これによりぽーんと蹴らされるボールが多くなって簡単にボールを相手に渡してました。
ただ、それで気持ちで負けることは避けようという考えはあったようでCBがプレッシャーに来た相手CFと一対一でドリブル勝負してある程度前線まで上がる形が多く見られましたが、局面としてはそういうことが必要でもあるとは思いますが、大きく見るとそういうことをしなければいけない形になっている事自体が大きな問題。


ただ、それも全て、相手の方が強いから、というところから起因しているので、今日の試合の総評は「よく頑張った」だと思います。