花咲くいろは

現在6巻まで鑑賞。
ホント面白いです。オタアニメの手法は残しているにもかかわらずオタアニメらしくない。描こうとしているものがしっかりブレないから水着回が入ったり女の子のアップ作画が力入りまくったりしてても、そこが見るところじゃないというのがすごい伝わってくる。
このアニメの最大の功労者はシナリオライター、でもなく、この何を描くのかを決め、ブレさせなかった誰か(監督?)だと。


話ちょっとそれますが、最近は聖地巡礼と連動して展開する宿なんかも多く見られる時代ですが(このアニメの湯涌温泉とか、艦これのホテル瑞鳳とか)、そういう宿も、裏ではこの6巻の映画の回のように、一生懸命繁盛させるために頑張ってるんだと思うとなんか見方も変わってしまいます。
今私は旅行する時は車中泊で宿自体に泊ってないのであれですが、もし宿に泊まることがある旅行をする時は、そうやって頑張ってる宿に泊まってあげたいなぁ。