【サッカー】 J1リーグ第7節 広島vs清水

サッカー観戦にはいい季節になってきましたね〜。暑すぎず、寒すぎず、日差しも良い中での観戦。


今日の試合を観て、浅野、野津田は積極的に使っていくべきだと思いました。
彼らが入るとサッカーの作り自体が変わってくるので、良い方の作用が強い。


佐藤は最先端に張って一発の抜け出し、ドウグラスは足元にボールを要求してドリブルで仕掛けるタイプなのに対し、浅野野津田はオフザボールの動きが多く動くことでボールをもらうタイプ。元気。
また守備時の球際の激しさは浅野野津田の方が上で、多少無理でも強引でもともかく足を出し絡みに行くので、相手はかなり嫌でしょうしまた結果ボールをよく奪えていました。
奪ったあと早く細かくパスを繋いで前進力に変えていくのも彼らの方が優れている。
そして何より、そういうタイプのサッカーの方が私は好きで観てて応援したくなる。


今の広島は明らかに戦い方を変えようとしている最中で、去年(の末にちょっとだけ)観た時のひたすら後ろにボールが回り全然前進しないサッカーとは大きく違ってきてます。
特に目立つのが、攻撃時に前線に5人並ぶスタイル。(CF、シャドー、サイドハーフの5人が完全な横並びで最前線に張る)
まだコンビネーションが上手くいってないので折角の数的、空間的チャンスを迎えてもチャンスにしきれないことは多いですが、やろうとしていることは高く評価できます。


GWになると観客も増えるでしょうし、この調子で勝っていって欲しい!