テイルズオブゼスティリア

前書きそびれた感想の追加。
今回いいのは、シナリオのコメディとシリアスのバランスだと思います。
真剣なシナリオを書こうとすればするほど暗くなって楽しさが失われるというのはテイルズがずっと通ってきた道で、GもそうだしXもX2もそう。この点についてバランスがよかったのがVで、爽快な勧善懲悪を随所に入れたりお遊びがあったり、そしてキャラがしっかり立ってたりで「楽しい」シナリオでしたが、Zもそれに近い感じです。
ただどうでもよくコメディを入れ込むのではなく、コメディすらシナリオに溶け込ませてるのが上手い。


あと、決戦前夜がすごく良かったです。
今までの決戦前夜は(主人公と仲間) x Nという形がテイルズに限らずJRPG全体での定番でしたが、仲間同士での掛け合いがメイン。
これにより、スレイ様ご一行ではなく、仲間の集まり、という感じがすごくしました。


続いてアリーシャDLCの話。
クリアしましたが、最後の終わり方から、これ続きがある感じですね。
DLCの続きがあるのか、Zの続編(ラタトスクやX2みたいな)があるのか。
本編エピローグからロゼがその後の導師になり天族4人を連れそして年齢で没したこと、ミクリオがかなり成長した後(ロゼ没後?)にスレイと会う?描写があることは確定なので、入れるとするとどう入れるのか・・・。
少なくともスレイが登場する形での続編は、上記のことから相当年数経ったあとになり、そうなるとロゼもアリーシャもいない時代の話になるはずです。


最後に現況の話。
二周目もクリアし、目的の加護レベル上げのための金稼ぎで、現在カースランド島を攻略中。
ソフィ出てきましたが、これ、音声って新たに収録してるんですね。ちょっと声質が違ってて違和感。技名なんて本来の作品のものそのままなんだから、使い回せばいいのに。