【サッカー】 日本vsパレスチナ

これまでの親善試合では結果ではなく内容だけについて見て書いてましたが、アジアカップでは結果と内容と両方を見ます。


で、4-0勝利( ̄▽ ̄


もちろん、今回の相手が弱いことが大きく関係しています。
パレスチナはプレシャーが甘く、またパスの受け手に対する寄せも甘い。普通はパスを出されたら受け手に寄せて、前を向かせず、キープ自体もさせないようにするものなのですが、受け手が余裕を持って前を向く時間まで与えているので、あれだとパスは簡単に通るし回されます。
今回日本がショートパスを上手く繋いでプレイしているように見えたのはこれが原因で、決して強い相手に変わっても通用するとは今日の結果だけでは言えません。


だけど、その弱い相手に対してきちんと大勝してくれたこと、また気が抜けてどうでもいいような失点をしなかったことは収穫。

戦術面

戦術面で今日の試合でチームとしての姿勢を示していた点は2つ。
縦への速い意識を持って攻めること。
そしてサイドチェンジを活用することです。


過去の日本は「無意味なポゼッション」をパスサッカーと錯覚している面があって、無駄に横に後ろにパスを回すシーンが見られましたが(これはザック自体はやめさせたかったのに選手側から強く要求されて脱却はできなかった部分)、今日の試合ではそこから決別して前に進むためのパス回し、もしくは走らせるスルーを出すパターンがよく見られました。
特に目立ったのが、ウイングorサイドバックが一気にサイドを駆け上がるのに合わせて出すロングスルー。
これは前半における、向かい風であるということをプラスにする賢いやり方です。(向かい風は基本マイナスですが、長いボールを出した時に受け先で減速して止まってくれるというメリットはある)
足元で受ける、ではなく走って受ける、同じパス回しでもそういうパスが多く見られたのが違いでした。
同じ理由で、ニアポストに縦に走ってボールを受けるプレーもよく見られました。


サイドチェンジについては、それ自体は「チャンスを作るいいプレー」ではないのでサイドチェンジを使ったのでGood!という話ではないのですが、これが今までの日本と違うからこそ行われていることに気づく方はサッカー通です。
ザックジャパンの頃は、SBは両方が同時に上がらないというルールがあって(リスクマネジメントのため。常に後ろに3人を残す(CB2+SB1)ためのやり方)そのためサイドチェンジは出し手の問題ではなく受け手の問題でほとんど行われなかったのですが、アギーレジャパンでは両SBが同時に上がることを形としています。
だからこそサイドチェンジをする形が作れている、という、これも今回のチームの姿勢を表した一面。

ちなみにアギーレジャパンではリスクマネジメントを放棄しているわけではなくて、アンカーがCBの位置まで下がることで攻撃時に後ろに3枚残す、を実現しています。
つまりザックジャパンは中央に人が多く、アギーレジャパンはサイドに人が多い。
だから、サイドから崩す攻撃の仕方を中心としている。
このDFの動き一つにも、チームとしてのカラーは表現されています。

選手

悔しいけど、遠藤はやっぱりいい選手なんだよなぁ・・・。
悔しいと言ったのは別に遠藤が嫌いだからとかではなくて、遠藤の位置には若手に世代交代していって欲しいということからです。
遠藤がいい仕事をするだけに、勝負にこだわらなければいけない試合ではなかなか遠藤を外せない。贅沢な悩みですが、柴崎に早く遠藤を超えて欲しいと願ってしまいます。


そして今日の試合は香川!
W杯からの今年度の香川の中で、今日の試合が一番いい仕事をしていました。
本人に得点がなかったのは残念ですが、自分が点を取る部分にも積極的に顔を出そうとする。しかしアシスト役にも回る。
得意のターンで、ボールを持った時前に進もうと挑戦する姿勢を見せたのもGood。(今までは後ろに運び、後ろにパスを出すシーンが多かった)
2点目の岡崎のゴールは香川の「ナイスシュート」でしたし、4点目はターンから縦に切り裂いてのクロスで、その動き自体も良かった上に、そこから上げたボールの精度の良いこと。あれも実質香川のゴールです。
別にこのように3点に絡んだからということではなく、それ以外の部分でも良い仕掛けが目立った。やっぱり香川は仕掛けの部分で活躍してこその選手です。
完全復活!とまでは言えませんが、これまでずっと日本中から「心配」されていた香川がやっと復調の兆しを見せてくれたことは嬉しかったです。




今日の試合内容が、相手がより強くなる次でもできるとは限りません。
しかし今日の試合をプラスに活かして、次のイラク戦でも勝利して欲しい!