【GT6】 今後のイベント概要

まずは、先日は突然イベントを中止してしまい、すみませんでした。
参加のつもりで予定を立てていた方には本当に申し訳なかったと思います。


ただ、あの時は直前の練習会でのこと、そしてその後の周りからの反応(ブログ上ではなく別の場所での)に耐えかねて、とてもイベントをやろうとも集中して走ろうとも思えない状況だったことは弁明させていただきたいです。
私も人間なので。
精神修行に努めます。


また、メールやコメントでご心配いただいた方々、ありがとうございました。
お気遣いに感謝します。


さて、通常運転に戻していこうと思います。
と言いつつ表明すべきことはしなければいけないタイミングなのであまり楽しい記事ではないですが、ご了承ください。

今後

とりあえず、前回実施しなかった第三回コンパクトカー耐久は、12/13(土)に同じ要項で改めて実施します。
ガチ耐久最終戦の富士耐久は、その様子を見たいのと、元々年末で忙しくて出れないという人も結構いたので、年明けに移動します。(日程は未定)
共催についてはしばらく実施しません。楽しみ合うべき身内と思っていた人たちがそうとも限らないという状況で、身内レースをする気には今ちょっとなれないので。


ただし、どのイベントも、「運営に対して自主的に協力的、友好的な姿勢を取る気持ちがない人は参加不可」とさせていただきます。(「自主的に」の部分重要です。挨拶を求められたから挨拶をすればいいんだろ?的な方は挨拶しても不可)
「参加したければ協力的な姿勢を見せろや」ということではなく、元々放っておいても自主的にそういう姿勢である人だけに集まってもらいたい、ということです。


なんとなく、今までのイベントも参加してきたから、aonoのフレにはなってるからというだけで今回も参加してOKだろ、と思っている方は一度自分に対し問うてください。
ホントに改めてそういうところからちゃんとやろうという気持ちがありますか? その気持ちが自主的に湧いたかどうかで今度の参加不参加を決めてください。


今回の件について、たくさんの人から(ポジティブなものもネガティブなものも含め)いろんな反応をもらったのですが、あるフレが言ってくれた言葉があります。

(楽しむ系の)イベントは野球のファン感謝祭みたいなものだと思ってます。
いつも仲良くしてくれてる人に感謝を込めて、一緒にレースするもの。
運営も、参加者も、双方が楽しむ、持ちつ持たれつで運営されるべきもの。どちらが欠けてもダメ。

私の、私の運営するイベントに対する認識はこれと同じです。


別に世の中の全ての人にうちのコミュニティに入ってほしいと思っているわけではありませんし、うちのイベントに参加してほしいと思っているわけではありません。
だからうちのコミュニティが合わないと思うのも、私が個人的に好かないと思うのも自由。
そうでない人だけが集まってくれればいいです。自分が集まりたいと思うから集まる。基本すぎる基本です。


ガチ耐久はコンパクトカー耐久の様子を見て、としましたが、これだけいろいろ伝えたのに、依然として「イベントで私が楽しい思いをするためだけに来ました^^」という人が居座り続けるようでしたら、改めて今後の処遇を考えます。
今度のコンパクトカー耐久はその様子見。


あと、個人的な話ですが、今後他のコミュニティのイベントに参加する機会を、時間の余裕ができることもあって増やしていきたいと思っています。
自分が運営負担や周りへの気配りを負うことなく、個人として気軽に楽しむ、そんな環境で走りたい。
(昔は夜露死苦がその部分の需要を満たしてくれてましたが、終了したのは痛かったです)