【サッカー】 日本 vs ブラジル

ネイマール無双。ネイマール祭。おなかいっぱい( ̄▽ ̄
いやー、見応えあった。楽しかった。やっぱりネイマールいてこそのブラジルですよ!



という出だしで分かる通り、私はブラジルファンでもあるので、今回は日本を応援しつつもブラジルの圧倒的な力を見せつけて欲しい、という観戦の仕方でした。
というわけで、今回は両チームからの視点でそれぞれ語ります。

ブラジル

今日のネイマールは6得点2アシストの大活躍でしたね!
・・・と言っていいほどの、決定的な活躍っぷりでした。
自身で点を取るのももちろんですが、味方の活かし方が上手い。上手すぎる。何涼しい顔で簡単そうにさらっと味方の決定機作ってんの!( ̄□ ̄
そしていい意味で勝ちに対し狡猾かつ貪欲。しかしその狡猾さや貪欲さが、見ている方を嫌な気分にさせるそれではないのがまたスーパースターらしさ。あのFKの蹴る前の細かいやりとりとか、ほんの少しでも自分を有利にしたい、揺さぶりをかけたいということですよ。
かっこいいプレーだけでなく、ユニフォームを汚すプレー、地ベタに這いつくばるプレーも全然厭わないし、献身的なプレイも多くまたよく走るし、世界にスーパースターはいれど、彼が最も「チームの勝利に貢献してくれる選手」だと思います。私が世界で最も好きなサッカー選手( ̄▽ ̄ メッシ? ロナウド? そんな自分のやりたいプレー、やりたい仕事しかしない人たちよりネイマールですよ!


とまあネイマールのことについて書くしかないような今日の試合でしたが、個人的に一番すげー!と思ったのは、ネイマールの幻の3点目のシーンでの、ネイマールへのパス。
あのクソ狭く密集した状況からネイマールの足を止めさせるようなロスもなく完璧なパスを通しますか・・・。見ている私も、そしておそらく守っている日本代表DFも、パスコースは潰してるから出せない、と思ったはずですよあの状況は・・・。
パス出した選手が誰だったかは覚えていないのですが、あのアパスを通せるなら「チームブラジル」はやはりレベルの高いいいチームなんだなって思いました。


個人的に残念だったのが、オスカルがあまり輝きを見せられなかったこと。
日本程度の相手だったら、ネイマール並みにいろいろ見せ場作って欲しかったなぁと、彼に対してはかなり期待しているだけに思いました。彼は本来ドリブルの力もあるのに、ネイマール始め周りに優秀な選手が下手にいるせいで、パサーであるという仕事に傾倒しがちなところが、まだ見られますね。W杯の時、ネイマールが抜けた状態で戦うことになった時、自分でやるしかない!とプレイスタイルが変わったのがその表れかなと。

日本

当然ながら結果は気にしません。


その中で今回いいなと思ったのは柴崎。アギーレ監督から「ワールドクラス」と多分にリップサービスも受けている彼ですが(笑)、気持ちで負けずチャレンジングなプレーがよく見られました。
ブラジル相手だけに気持ちで既に押されてる選手も多い中、心強かった。
W杯を視野に入れた場合、基本的に日本は自分たちより上の相手と戦うシーンがほとんどになるため、こういう部分は非常に重要です。


あと、岡崎は、やっぱり日本のCFは岡崎しかいないな、と思わせるプレーが今日も。


そして嬉しかったのが酒井。今日の酒井は良かったです。
彼はある意味、現代表の中で最も自分が足りてない部分が素人にも伝わる形で表れており、だからこそなんとかしなきゃ!という気持ちを多く持ってる選手なんだと思いますが、一生懸命攻撃面のクオリティをあげようとしている姿勢が、今日のプレーで見られました。
象徴的だったシーンが、何かのカウンターで、攻めは酒井と岡崎の二人だけ、ブラジルDFは5人くらい、という状況になった時、前回の試合のような「パスをどこかに出す前提」というプレーをせず、自分でドリブルで打開しようとしたんですよね。結果1人はかわせ、2人目に捕まりましたが、あのプレイはGood!


ニューカマーでは太田がいい仕事をしてました。
これは長友もうかうかしてられませんな・・・。太田のできしだいでは、左太田、右長友も、ありになるかもしれません。(右利きの長友は、本来左SBとしてやるには攻撃面で短所を抱えている)


あと、今日の試合で現時点での最強ではなくいろんな選手を試す方針に出たことは監督として非常に正しい判断だと私としては思ってます。
結果が求められるのは本番だけであって、アジアカップまではもう1勝もしなくていいのでともかくいろいろ試してください。
またいろんな選手が試してもらえる機会を得られると選手に伝わること自体も選手のスキルアップに大きく貢献すると思います。この辺はさすがモチベーターと呼ばれるアギーレ監督の手腕。
アジアカップにしてもほんとにしんどいのは最後の方だけなので、アジアカップまではいろんな選手を試す、アジアカップ序盤では決めた選手たちで今度はいろんなシステムを試す、そして決勝に近づく辺りで勝ちを目指すように、チームをビルドアップしていってもらえれば。