【サッカー】 日本 vs ジャマイカ

今回も結果は関係なし。勝ったけど関係なし。内容について。


今回は格下相手ということもあり、日本の良い所は見せやすかったと思います。
そういう相手に、自分たちが上手くいっている時の形を確認するのも大事なことなので、今日の試合は十分有用でした。


攻めに関しては、それぞれの選手が自分の良い所をしっかりと発揮できていました。
岡崎の絶対に自分がゴールを決める部分に絡むという顔の出し方、そして潰されてもボールだけは失わないという体を張った働き。
武藤の積極的な攻撃姿勢。それに対する柴崎の積極的なパサー姿勢。この二人は物怖じせず自分が仕事をするんだ!という姿勢が前面に出ているのがいいですね。お互いのキャラクターも違い、仕事がかぶらなので今後の日本代表を長く背負っていってくれそうな、期待の持てる二人。
本田も普段の力強さが戻ってきました。


守りに関しては、今回の敵が力不足であまり攻め込まれるシーンがなく、またこちらがミスしても的確にとがめてくる力も足りなかったため善悪は判断できませんが、カバーリングの意識は強く出せてたかと思います。
SBが攻撃の選手、という色を強く持つ現システムだけに、カバーリングはすごく大事。
塩谷も、ボールを持たせた後の動きに安心感があっていいです。

香川

彼押しの私から見ても、悪くはないのですが、心配になるパフォーマンスでした。
何度かいい仕事はしてましたが、普段の仕事で輝くところがなく、むしろ精度を欠いています。
W杯の時の香川をまだ引きずっているような印象。
他の攻撃陣にタレントが多く誕生しつつあるだけに、このままだと日本のエースだからという免罪符が、そろそろ使えなくなりそうです。
今回格下相手だったからこそ、個人で仕掛けて一人二人は翻弄する姿を、自信を取り戻すきっかけにして欲しかったのですが・・・。


【追記】 どうも前半のあの辺のことで脳震盪を起こしていたようです。そっかー・・・。なんか連続しているので、そっちの意味で心配です。早く万全の香川が見たいですね。

酒井

前半の本田のシュートシーンから話を始めます。
本田のシュートはまあ惜しかったけど彼についてはそれだけ。
このシーンで気になったのはむしろ酒井の方。
あの場面での彼のプレーはむしろNGと言っていいものだったかと。
状況があまりに優勢すぎて、あのプレーでも本田にいい形で渡り彼に決定機を与えましたが、あの状況、2対1でDFがついていたのは本田の方。つまりあの状況では自分が撃ちに行く、が最も良い選択です。
もちろん彼自身はFWの選手ではないのでシュートには自信がないでしょう。だからより決定力のある本田に任せたい、その選択はまあ、あり。
だから正確には、自分が行くという姿勢を見せて相手DFおよびGKを自分側に引きつけて、それから本田に出すというもの。
今回は先ほど言った通りあまりに優勢かつ、相手のDFも稚拙だったため一見ナイスパスに見えましたが、あれ、ちょっとでも状況違ったら決定機を潰した最悪の選択になってましたよ。
私が見てるのが結果ではなく内容というのはこういうところ。あの判断はNGです。


これに限らず、酒井はパスに問題があります。
パス自身の精度も低いですが、パスを出す判断も悪い。どのタイミングで、どこに出すか、そもそも今は出すべきなのか持つべきなのか行くべきなのか、そこが判断できてなくて、パスを出すという前提で動きパスを出しているので、将来的にはこれは読まれますよ。


ただし、右サイドの攻撃がかなり多く、形になっていたのはいいところ。
これは本田がスペースを作る動きを上手くできていることに大きく起因はしますが、そのスペースを利用した酒井の動きは良かったです。
アギーレジャパンの基本方針通り、酒井は積極的に攻撃に参加していってますね。
だからこそラストパスの精度が欲しい。

総括

現日本の「形」を見れたのは収穫。
特に右サイドの攻撃構築が良くできていたのがGood。これまでは左サイドが日本のストロングポイントでしたが、今回偏らずに行けそうです。
DFについてはカバーリングにより、1ミス=即終了とならない粘り強い守備ができていたのは良い所。
徐々に形はできつつあるので、あとは強敵ブラジル相手に、それがどこまで通用するのかを確認するのが楽しみです。
勝てるとも引き分けられるとも思ってませんし別にそれを求めませんが、負けてもいいので内容で見せて欲しい。
チャレンジしてチャレンジして、その上で負けてください。チャレンジなしに勝ちだけもぎ取りにいって得た勝利に、この段階では意味がありません。最大の収穫を得られる敗北を!