【サッカー】 ヤマザキナビスコカップ準決勝 第1戦 広島vs柏

急にサッカーの生観戦がしたくなったのでこれを観てきました。

特に広島のファンではないので(笑)全体がよく見えるバックスタンド自由シートで観戦。でも一応広島を応援しておきました。





・・・のですが。



佐藤寿人おおおおおお!!(全力で声援している私がいるの図)



え? 彼、こんなすごいプレイヤーだったんだ?
いや名前は知ってたしデータ的なすごさも知ってたんですが、実のプレイを見るのはこれが初めてで。


今日2得点したことはもちろんですが、ただ点取っただけではここまで驚きません。
その内容と、点取った以外の部分での動きを見て、これはすごい選手だと思いました。
彼は身のこなしとスピード、技術のある選手ですね。飛び出し方がすごく上手いし、敵をかわす技術もある。
(敵にレッドカードで止められた時のあの動きは、何でもない中盤でのビルドアップだったはずが一瞬でゴール前の決定機になるもので、見ているこちらが騙されたし驚きました)
そしてそれらの判断速度が速い。ここでこういく!と決めたら迷わず全速でそれを行う動きの良さ、そしてキーパーと1対1になった時の判断も速く、冷静。


一発でファンになってしまいましたよ・・・。
えっと、ユニフォームを売ってるサイトはどこかな?(笑)



逆に、今日生で見て(というかプレイを初めて見て)、皆川はまだまだ代表レベルにはない選手だと思いました。
彼は最前線でのポストプレイ、楔となり球を落ち着かせて2列目にチャンスを作るのが仕事だと思いますが、全然長身を生かせてないし、ボールを送られても全然落ち着かせることができず、すぐにロストしてました。
そして個人的に最大に気に入らなかったのが、そのあたりの動きですぐファールをもらいに行くアピールプレイをしていたことです。
楔の選手がファールをもらうこと自体は選択の一つとして間違っていません。そういうことが必要な場面もあります。
しかし楔の選手はあくまでまずは楔としての仕事が最初に求められます。
もちろん難しいでしょう。そう簡単にできることではないでしょう。しかしJリーグレベルでそれができないなら、代表で楔役として活躍できるはずがないのです。
全力で楔して、その仕事を周りに認められるレベルでこなせ、その上でこれは代表レベルでも無理だよねという時はファールをもらいに行くのなら分かりますが、最初からその責務から逃げるように安々とファールをもらいにアピールにいくのは、代表に呼ばれる人材ではないなと思いました。



話は変わりますが、野球の生観戦とサッカーの生観戦はちょっと違うと思います。
前者はあくまで応援して盛り上がる目的が中心。後者はもちろんそれもありますが、同時にテレビ中継では見えない部分が見れることが大きなポイントです。
野球もたまに生観戦しますが、野球はあくまで見ることに関してはテレビで見た方がいい。でもサッカーは生の方がいいと言えますね。
サッカー観戦でテレビで見えないのは、映ってない部分の選手の動き。単に個々の選手というだけでなく、サッカーはある部分での選手のポジションや動きと連動して別の場所のそれがあるので、ゲーム全体を見ることができます。
サッカーは生が楽しいね! また行こうかなぁ。



しかし、Jリーグはホント観客いないんですね・・・。
普段の試合ではなくナビスコカップの準決勝というそれなりに上位の試合だったのに、35000人収容のスタジアムに観客は5500人。見るからにスカスカで、これは相当経営厳しいだろうなぁと。