【GT6】 格差と部屋運営

GT5の頃、自分の開く富士部屋で「速い人」と「遅い人」のタイム差は3Lapで10秒程度でした。
GT6になって、これが20秒位まで広がりました。



ことにより、部屋の運営が難しくなっています。



これは「俺達の腕が上がった」的な話ではなく、原因は二つ。
一つは、車間の格差が広がったこと。
もう一つは、セッティングの敏感性が上がったことです。

車間格差

速い車と遅い車につくタイム差が、5の頃より大きくなっています。
富士PP550RSで言うと、458とZZIIの差は5の頃0.5秒くらいだったのが、6では1秒以上。458とGTRBEの差は5の頃1秒くらいだったのが、6では2〜3秒。
個別の話というより、全体的に上下の差が広がっている感じです。
このため、例えば私で言うと458が好きなので乗りたいのですが、そして458はけっして無双車レベルではないのですが、それでもGTRが好きで乗ってるフレと走ると、あちらに勝負権がなさすぎる。
みんなで集まっていろんな好きな車でレースするのが、5の頃イコールだったとはいいませんが、6はどうにもならないレベルでパフォーマンス差が出てしまうんですよね。

セッティング格差

6ではセッティングのタイムに及ぼす影響がかなり大きくなっています。
敏感性が上がった、と書きましたが、それはすなわち

  • 当たり幅が狭く、なかなか当たらない
  • 当たった時の度合いは大きい

ということです。
先ほどと同じ458の例で言うと、5の頃はセッテの違いでタイムはせいぜい1秒上げられるかどうかくらいでした。
6では、2〜3秒変わってきます。
しかもこの「当たり」が誰しもに出せるものでないので、結果セッテを出す能力が、ドラテク以上に重要になる。
この結果、車の差を超えてセッテでその差を埋められるようになっていて、これは一見いいことですが、部屋運営上は困る点でもあります。
端的にいうと、腕の差がある時に、相手により速い車に乗ってもらうことで腕の差を埋める、ということがしにくくなる。
458とNSXの素のポテンシャルは1〜2秒近く離れていると思いますが、それでもセッテを出してないNSXよりはうちのセッテ頑張った458の方が速いです。同じ私というドライバーが乗っても。
だから、せっかく自分側に遅い車を「課して」も、セッテを出せない人に対しては、セッテの力で結局「速い車」を手に入れられてしまう。
一応理屈だけ言えば、セッテも「手を抜け」ば車にちゃんとハンデ分は残るのですが、乗って走りこむ以上はそりゃセッテも突き詰めますよね・・・。

部屋運営

以上、ドラテク以前の部分でここまで差がつくため、みんなで楽しくレース、という方針が実行しづらくなっています。
10秒差なら、トップとボトムがそのくらいなら、(厳しいですが)まだレースにはなります。
前が詰まったり、からみによっては、タイム差がそのまま順位にならなかったりする。(トップとボトムが10秒差の、その間がたくさんいるレース、です)
20秒差は、本来クラス違いです。
例えスピンしても結局取り戻せるほどの差。こんなのはレースじゃないです。
負ける方も楽しくないでしょうし、何より勝っても楽しくないです。



この難しさがあって、部屋運営は今悩んでるんですよね・・・( ̄〜 ̄
いろいろ試行錯誤はしてるのですが・・・。
まあそもそもにしてオンが過疎ってるのが一番の悩みですが( ̄△ ̄