グランツーリスモ5 SpecII

今週は金夜の低グリップ選手権に向けての練習部屋をやっています。今日はRd2の東京NSXCM、明日はルート5GTRCS。
ここまでちゃんと低グリップを練習するのはある意味初めて。
(アカデミー除く。また半年前にHARさん主催の500SSレースの時には本気で練習しましたが、あの頃はRSと全く変わらない走らせ方してました(笑))
普段オンで見かける低グリップレギュは400CS、450SH、500SSくらいが相場なのですが、今回それすら下回るほどの低グリップ設定。
なのでホントに繊細な操作が必要なのですが、だからこそ、HARさんやdeeさんに言われた、

  • RSだと強引な走り方が通ってしまうので、上手く操作できてないのをごまかせてしまう
  • 車の姿勢や荷重移動、タイヤのスライド状況などの「車の声」を聞く時間がRSより長いためよりそこを感じ取って走りやすい

ということをすごく実感します。
今までアクセルにしてもステアにしても、微妙な加減、というのを自分がしてなかったんだなーと。
クッと曲げてガツン! 曲がりながら減速、加速当たり前。多少姿勢が乱れててもお構いなしにグリップ力の暴力で言うことを聞かせる。
RSだとこんな感じでした。
今の低グリップでは、タイヤが滑り始めているけど滑りきってはいない状態、を意図的に作って維持する必要があります。滑ってなくてもダメ(グリップにまだ余裕があるという意味で)、滑りすぎてもダメ。
また、曲がることと(強い)加減速を同時にできるほど、そして姿勢が乱れてる状態で走れるほどグリップに余裕がなく、車の声を聞くことが非常に重要。
これは・・・練習になります。車の運転が上手くなっていく実感がある。
なんか低グリップにハマりそうです( ̄▽ ̄;