ニワン語@QWatch

ZeroWatchがついに粛清?され、代わりにQWatchが公開されてました。
まあ基本はZeroWatchなのですが、背景色が白くなってたりと、ユーザーの要望に合わせて調整したことが伺えます。
しかし、ここまで改良されてなお、左側の用途に困ってる空き領域があるにもかかわらずそれでも、投稿者や再生数を上に表示したがらないのは何故なんですかね・・・。
まあそんな話は私が前に出てすることでもないので、またニワン語について検証してみました。



が、結論から言うとなんにも変わって(直って)ません。

【参考:過去のレポート】
一回目→ 二回目→ 三回目→

オワタ・・・オワタ。


ニコスクリプト公開

ところで、今回のバージョンから「ニコスクリプト公開」タグを付けてない動画でもニワン語のソースが表示されるようになりましたが、これって仕様?
もし仕様でないとしたらかなりまずいことだと思うのですが・・・。(投稿者が公開していない情報を公開してしまうことになる。プログラムのソースは公開されて当たり前、ではない著作権のある制作物です。今までもゴニョゴニョすればニワン語のソースは抜き出せてしまえてましたが、そういう「違反行為」をすれば見れることと公開してることは別です)
というか仕様でもまずいですよね。少なくとも過去の非公開にしたプログラマにとっては、非公開だからアップした、という位置付けなわけですし、それを公開してしまうのは。

画面サイズ

ついに中画面がデフォルト、と公式に設定されました。
そういう意味では、もうニワン語動画は座標や余白に関して中画面を前提にして書いてしまっていい気がします。



・・・と言いたかったのですが、中画面の状態からフルスクリーン表示させると大画面の座標、余白設定で描画されますね・・・やっぱだめじゃん。