将棋

【将棋】オリジナル戦法⑤ 青森 - よもやま話

青森に関するよもやま話。

【将棋】オリジナル戦法⑤ 青森 - 封じ策

青森はもし相手の土俵で戦いたくないと思った際に発動を封じる指し方があり、その場合にどう指すかはまだ確立していません。 そのあたりについて。

【将棋】オリジナル戦法⑤ 青森 - 横歩取り

青森の変化の中で最も構想力から求められる、横歩取りの変化。 これが最も相手側の難易度が高いですが、同時に最も自力で指す楽しさが大きいと思います。 力戦というより、どういう方針で指せばいいか自体が難しい将棋。

【将棋】オリジナル戦法⑤ 青森 - 向かい飛車

青森の変化の中で最もおとなしい(笑)、向かい飛車の変化。 結論から言ってしまうと相手からしてこれを選択するのが一番有望です。

【将棋】オリジナル戦法⑤ 青森 - パックマン

青森の変化の中で一番激しい、パックマン変化。

【将棋】オリジナル戦法⑤ 青森

第5回にして最大のオリジナル戦法。 1年前くらいに開発してその後これ専門で今でも指し続けている現役バリバリの開発中の戦法。

【将棋】オリジナル戦法④ 飛車美濃

第4回。

【将棋】オリジナル戦法③ 居振後出しジャンケン

昔書いてた将棋オリジナル戦法の続き。一年半ぶりの第3回・・・。

【将棋】オリジナル戦法② 揺動矢倉棒銀

第2回。

【将棋】オリジナル戦法① 欲張り引き角

長年将棋をやっていていくつかオリジナルの戦法を開発しているので、それについて書いてみます。 第1回。

【将棋】Abema TVトーナメント ドラフト会議

将棋界初のことということでどうなるんだろうと思ってましたが、蓋を開けてみれば将棋界らしい気遣いの結末でした。

【将棋】プロ棋士に例えると

自分の棋風をプロ棋士に例えると、という話。 棋風の話であって,棋力の話ではありません!(笑)

【将棋】スタンスとリアル

将棋に対するスタンスについて。

【将棋】棋力と勉強とスタイル

第二回は将棋の内容に関する話。

【将棋】 自分の将棋歴

というわけで第一回は自分語りから。 早速読み手の最も興味ない分野から攻めていきますが、まあそういうブログです。 覚悟の上スタート。

【将棋】木村王位

いやー・・・嬉しすぎる。 応援していたので嬉しかったです。

【将棋】 叡王戦 現地大盤解説会

地元広島であるということで、初めて将棋の大盤解説会に行ってきました。

【将棋】 豊島棋聖

豊島棋聖おめでとう! やっと、念願のタイトルですね。 毎年全棋士内でもトップクラスの戦績を残すのにずっと無冠だったわけですが、だからこそこれからフィーバーしてくれそうで期待。 早速王位を奪取しようぜ! 今の将棋界は実績の羽生と、実力最強の豊島…

【将棋】 叡王戦

高見泰地叡王誕生おめでとう!

【将棋】 叡王戦

これは金井辛い・・・。 どちらにも勝ってほしいという思いから今日はどちらかと言うと金井応援側で見てましたが、この将棋でも勝てないのは本当に辛い。 どんなに優勢にしても、必ず終盤でひっくり返ってしまう。

【将棋】 叡王戦

叡王戦が面白いです。

【将棋】 藤井朝日六段

藤井聡太くんやったああああああ!! 史上最年少棋戦優勝、中学生六段! おめえええええええ!!

【将棋】 4人将棋

4人将棋しました。 仲間内でやると結構面白かったです(笑) 逆に言うと仲間内でもなくガチでやるとストレスたまりそうですが、パーティーゲームと思えば十分にあり。シングルも面白かったですが、ダブルスがより面白いですね。ダブルスではいつも相手チーム…

【将棋】 リレー将棋

81道場でまたリレー将棋。 今回はチーム間でR差があったので私のチームの角落ち。でも勝ったのは私たちだ!( ̄□ ̄ 楽しかったー。

【将棋】 リレー将棋

なんか応援のため改めて紹介したくなったので、現在通っている81道場。 http://81dojo.com/jp/

【将棋】 81道場

何週間か前から81道場に通っています。 ネットの将棋サイトとしては将棋倶楽部24が最大で人数も圧倒的に違いますが、感想戦の機能が充実していて、それに伴い感想戦でのコミュニケーションが取れそうと思ったので試しにやってみました。 現在、段位は六段で…

【将棋】 中村王座

中村六段、悲願達成おめでとう! 中村は個人的にも応援している棋士だったし、若い頃に二度挑戦して退けられ、徐々に年を取って中堅になりつつある中三たびの挑戦を勝ち取り、そしてついに奪取した、その流れが感動的です。 本当に、本当におめでとう。

【将棋】 りゅうおうのおしごと!

これを読んでます。と言うかハマってます。

【将棋】 最後の審判と打ち歩詰め

一つ前の記事で最後の審判の話を出しましたが、ああいう難しいのではなくもっと単純に、私が子供の頃に思ってた打ち歩詰めに関する疑問。

【将棋】 藤井聡太、現在

新人王戦敗戦、残念。